【小田原市】遊具の布切断被害 一部使用禁止/小田原こどもの森公園わんぱくらんど

 小田原市は1月30日、同市久野の「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」にある大型複合遊具・コスモワールドの凸型トランポリン(素材:テント生地、直径約5メートル)の布部分1箇所が、約70センチ切断されていた、と発表した。同市は、被害を受けた凸トランポリンのみを使用禁止とし、ほかを開放した。

 1月27日午前8時40分ごろ、指定管理者の作業員が始業前の点検で切断されているのを発見。同市では、小田原署に通報・現場検証後に被害届をだした。同署では、刃物のようなもので切ったとみて器物損壊の容疑で調べている。

宙に浮いた感覚が味わえる人気遊具・コスモワールド

 コスモワールドは、6~12歳児対象の大型複合遊具で1階デッキは宇宙基地、2階デッキは月面をモチーフにつくられている。テント素材凹・凸型クレーターなどがあり、宙に浮いた感覚が味わえる人気の遊具。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1. 小田原市(加藤憲一市長)は10月16日から、南足柄市との合併の是非を判断するのに当たり、市民の意向を…
  2.  松田町(本山博幸町長)は2月19日、一般会計、7特別会計(国民健康保険、国民健康保険診療所、寄簡易…
  3.  松田町議会(中野博議長)の12月定例会は、5日から8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上程…
  4.  南足柄市の加藤修平市長は「市議会第1回定例会」4日目の2月19日、施政方針演説を行った。  加藤…
  5.  鎌倉時代の故事を起源とする山北町・室生神社の流鏑馬(やぶさめ)が3日、神社前の道に砂を敷き詰めた約…
  6.  4月18日に伊東で「古事記」の勉強会が開催される。日本最古の歴史書、古事記について、また、先人たち…

ページビュー

  • 73870総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 58昨日の閲覧数:
  • 776月別閲覧数:
ページ上部へ戻る