【小田原市】住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために/2月19日「認知症講演会」(生涯学習センターけやき)

 認知症ケアの第一人者・杉山孝博さん(川崎幸クリニック院長)を講師に迎えた「認知症講演会~認知症になっても大丈夫!」が2月19日午後6時から、小田原市荻窪の市役所隣の生涯学習センターけやきホールで開かれる。開場は午後5時30分。入場無料。申込み不要。先着400人。

 講演会は、《認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために》をテーマに、第1部:映画「認知症と向き合う」、第2部:講演「認知症の理解と援助」からなる。

 映画は、杉山さん監修・出演。認知症の症状を現す主人公に振り回され、バラバラになっていく家族が認知症について正しい知識を持ち、認知症の人の視点にたって、認知症への理解を深めていく姿を描く。

 『杉山孝博さんのプロフィール』

 1947年愛知県生まれ。東京大学医学部卒。川崎幸クリニック院長。「公益社団法人認知症の人と家族の会」神奈川県支部代表。「公益社団法人日本認知症グループホーム協会」顧問。著書に『これでわかる認知症』(成美堂出版)、『よくわかる認知症ケア 介護が楽になる知恵と工夫』(主婦の友社)など多数。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  2.  南足柄市(加藤修平市長)は平成25年度から、景観啓発事業の一環として市内の小中学生を対象に景観絵画…
  3.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…
  4.  南足柄市の加藤修平市長は12月1日、小田原市との「中心市のあり方」について「小田原市と南足柄による…
  5.  小泉進次郎旋風から一夜明けた10月16日、希望の党の前職・渡辺周氏が公示日に続いて2回目の熱海入り…
  6.  小田原市観光協会(石田武会長)は11月15日、城下町・小田原の秋の風物詩として親しまれている「第6…

ページビュー

  • 110236総閲覧数:
  • 92今日の閲覧数:
  • 39昨日の閲覧数:
  • 481月別閲覧数:
ページ上部へ戻る