【小田原市】締め切り迫る!!/「第2回藤田湘子記念小田原俳句大会 作品募集」(~2月11日)

 小田原出身の俳人・藤田湘子(1926~2005)の足跡を顕彰し、小田原の俳句文化への理解を深め、誰もが俳句を作り・発表できる場の提供を目的にした「第2回藤田湘子記念小田原俳句大会」が4月14日、小田原市本町の市民会館大ホールで開かれる。主催は、小田原市や鷹俳句会、小田原俳句協会で構成する藤田湘子記念小田原俳句大会実行委員会。

『藤田湘子の略歴』

 大正15年1月11日小田原生まれ。昭和18年「馬酔木」(水原秋櫻子主宰)に入会、同32年「馬酔木」編集長。同39年「鷹」創刊、主宰となる。平成12年句集『神楽』にて第15回詩歌文学館賞受賞。蛇笏賞選考委員、NHK俳壇選者などを歴任。平成17年4月15日逝去。句集『途上』『狩人』他。著書『20週俳句入門』他。

『作品募集/締め切り2月11日』

《一般の部》

 ▽出句=自由題2句《未発表の句に限る。投句用紙を用い(コピー可)住所・氏名・(俳号可)・年齢・電話番号を楷書で記入。封書に振替受付票のコピーを同封》▽投句料=1,000円▽送金方法=郵便振替(00100-8-264534)、加入者名「藤田湘子記念小田原俳句大会」▽賞=大会賞5万円、市長賞3万円、鷹俳句会賞、小田原俳句協会賞、各選者賞ほか。

《小・中学生の部》

 ▽出句=自由題1句《投句用紙を用い(コピー可)住所・氏名・年齢・電話番号・学校名・学年を記入》▽投句料=無料▽賞=大会賞、特選、入選。

『共通』

 ▽送付先=〒102-0073 千代田区九段北1-9-5-311 鷹俳句会内「藤田湘子記念小田原俳句大会」係▽表彰=大会にて表彰▽作品集=応募者全員の作品を冊子にして、当日参加者に配布。

『小田原俳句大会/4月14日12:00開場』。敬称略。

 ▽第1部(13:00~)=記念講演(講師:神野紗希。2004年から2010年、NHKBS「俳句王国」司会者。現在、明治大学・玉川大学講師。現代俳句協会青年部長)。

 ▽第2部(14:00~)=俳句大会表彰式。小・中学生の部/選者:高柳克弘(「鷹」編集長、読売新聞KODOMO俳句選者)。一般の部/選者:小川軽舟(「鷹」主宰、毎日俳壇選者)、奥坂まや(鷹同人会会長)、佃悦夫(小田原俳句協会会長、「海程」同人、新井たか志(小田原俳句協会副会長、「星雲」同人)、池田忠山(小田原俳句協会副会長、「狩」同人)他。

 問合せは、小田原市立かもめ図書館(電話0465-49-7800)へ。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  伊豆高原のCafé Beにて「地域内交通を考える」という勉強会が2月16日に開かれ、この分野の権威…
  2.  関東で一番早い飯泉観音の「だるま市」が12月17日から、坂東三十三観音の五番札所として知られる小田…
  3.  “神”と呼ばれる世界的なドラマー・神保彰による「東日本大震災復興支援~神保彰ワンマンオーケストラコ…
  4.  小田原、箱根、真鶴、湯河原、南足柄の2市3町で構成される箱根ジオパーク推進協議会(会長・山口昇士箱…
  5.  氏政、氏照、氏邦の「北条三兄弟」の絆で姉妹都市盟約を結んでいる小田原市(加藤憲一市長)、東京都八王…
  6.  突然の解散で合流・分裂、新党結成などさまざまなドタバタ劇が続き、“政権選択選挙”とも言われる「第4…

ページビュー

  • 72493総閲覧数:
  • 65今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 1410月別閲覧数:
ページ上部へ戻る