【小田原市】参加者募集!「おだたん食育村」/親子で《かんたん!ひな祭り料理》に挑戦!(3月3日・小田原短期大学で)

 小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回おだたん食育村~かんたん手作りひな祭り料理」の参加者を募集している。受付時間は10:00~13:30(土日祝除く)。対象者は、小田原市近隣在住の小学生親子および小田原市民40人(先着順)。参加費は、1人400円(食材費350円+保険料50円)。

 食育村は、食物栄養学科の専門性を生かした地域貢献として始まり、調理を通して親子のふれあいや食材など“地産地消”に関心を持ってもらうのが目的。

 当日は、地場産の野菜や魚を用いた《かんたん!手作りひな祭り料理》、未病改善に役立つ野菜タップリ適塩メニューの《カラフル野菜のミルク味噌スープ》などに挑戦する。

また、学生たちが昼食を取りながら、子どもと大人にむけた〈行事食〉〈地産地消〉などに関する《食育》について、手作りの教材を使って分かりやすく説明する。

 持ち物は、エプロン、三角巾(バンダナ)、子ども用上履き。

 申込みは、小田原短期大学食物栄養学科室(電話0465-22-1301)へ。

 小田原短期大学のHPは、http://www.odawara.ac.jp/

(伊豆さがみ情報ネット) 

関連記事

注目の記事

  1.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  2.  無投票か選挙か――。9月19日の告示日まで関係者をやきもきさせた箱根町議会の選挙戦は、定数14に対…
  3.  “神”と呼ばれる世界的なドラマー・神保彰による「東日本大震災復興支援~神保彰ワンマンオーケストラコ…
  4.  文化審議会(馬淵明子会長)は1月19日に開いた同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、箱根町(山口…
  5.  小田原市観光協会(石田武会長)は、平成30(2018)年の「小田原開府500年」を記念して、難攻不…
  6.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…

ページビュー

  • 97903総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 29昨日の閲覧数:
  • 3845月別閲覧数:
ページ上部へ戻る