【小田原市】参加者募集!「おだたん食育村」/親子で《かんたん!ひな祭り料理》に挑戦!(3月3日・小田原短期大学で)

 小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回おだたん食育村~かんたん手作りひな祭り料理」の参加者を募集している。受付時間は10:00~13:30(土日祝除く)。対象者は、小田原市近隣在住の小学生親子および小田原市民40人(先着順)。参加費は、1人400円(食材費350円+保険料50円)。

 食育村は、食物栄養学科の専門性を生かした地域貢献として始まり、調理を通して親子のふれあいや食材など“地産地消”に関心を持ってもらうのが目的。

 当日は、地場産の野菜や魚を用いた《かんたん!手作りひな祭り料理》、未病改善に役立つ野菜タップリ適塩メニューの《カラフル野菜のミルク味噌スープ》などに挑戦する。

また、学生たちが昼食を取りながら、子どもと大人にむけた〈行事食〉〈地産地消〉などに関する《食育》について、手作りの教材を使って分かりやすく説明する。

 持ち物は、エプロン、三角巾(バンダナ)、子ども用上履き。

 申込みは、小田原短期大学食物栄養学科室(電話0465-22-1301)へ。

 小田原短期大学のHPは、http://www.odawara.ac.jp/

(伊豆さがみ情報ネット) 

関連記事

注目の記事

  1.  クリスマスの12月25日、熱海梅園では、ほかの花木に先駆けて咲くロウバイ(蝋梅)が、ロウ細工のよう…
  2.  小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回お…
  3.  小田原市は11月13日付けで、複数回にわたって飲食店で接客などの副業を行い、また、同病院の医療消耗…
  4.  戦国時代、親子・兄弟・一門が争うことなく国力を高め、5代100年にわたって関東一円を治めた小田原北…
  5.  熱海市渚町の熱海交通自動車が11月27日をもって事業を停止した。静岡地裁沼津支部に自己破産手続きの…
  6.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」を積極的に進める松田町(本山博幸町長…

ページビュー

  • 77992総閲覧数:
  • 31今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1466月別閲覧数:
ページ上部へ戻る