【小田原市】見ごろ!「渓流の梅園・梅まつり」/小田原フラワーガーデン(~3月11日)

 早咲きから中咲き、そして遅咲きまで約200品種480本の梅が咲き誇る小田原フラワーガーデン(小田原市久野)では、人気の「渓流の梅園・梅まつり」を開いている。3月11日まで。月曜休園(梅園の散策のみ可)。

 渓流の梅園は、昭和42(1967)年、小田原市内で梅の土産物店を営む小峰三代次さんが、九州地方のウメを中心に全国から集めた華やかなウメの木250本を小田原城址公園と市民農園(現・小田原フラワーガーデン)に寄贈したのが始まり。

 同梅園では、原種に近く花や葉が小さい「野梅系」と紅梅の八重寒紅が見ごろとなり、寒さに負けず甘い香りを漂わせている。園内全体では、3分咲きとなっている。

   梅まつりのテーマは、白梅の萼(がく)に焦点をあてた「清楚な白梅~萼のことなり」。園内を巡ると、真っ青な寒空に温かみを感じる「赤萼」と暖かくなってから咲く爽やかな色合いの「緑萼」の違いから八重野梅、十郎など特徴のある梅を知ることができる。

 期間中、日本梅の会の大坪会長による梅園ガイドツアー(2月18日①10:30~11:30②13:30~14:30、定員:各先着30人、参加費:無料、雨天中止)、満開の梅に囲まれ、和を楽しむ「集まれ!きもの女子」(2月25日11:00~16:00、参加費:一式レンタル・着付け込み3,000円、先着30人、要予約)、地元の銘茶「足柄茶」を味わう「うまみ茶体験会」(3月3日11:00~14:30、定員70人、参加費500円)、本格的な抹茶が楽しめる「梅見茶会」(3月4日①11:00~12:00②13:00~14:30、各回先着30人、参加費500円)、プチ軽トラ市(2月17/24/3月3日10:00~15:00、無くなり次第終了、雨天中止)、小田原おでんカー来園(2月10/11/12日10:00~15:00、無くなり次第終了)など地域密着型のイベントもある。

 小田原フラワーガーデンのHPは、https://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  箱根町議会(沖津弘幸議長)の12月定例会は12月5日から15日までの会期11日間の日程で開かれる。…
  2.  地域に眠る様々なものを発掘、商品化して販売するUMEMARU Inc.(小田原市、守屋佑一代表)と…
  3.  湯河原町(冨田幸宏町長)はこのほど、正月の風物詩「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走大会」(箱根駅…
  4.  伊東市の県立伊東高校、同校城ケ崎分校、伊東商業の3校が2023年度をめどに統合し、発展的に改編され…
  5.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  6.  小田急グループの小田急箱根ホールディングス(金田収社長、本社・小田原市)は、箱根エリアを中心とした…

ページビュー

  • 80327総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 90昨日の閲覧数:
  • 1675月別閲覧数:
ページ上部へ戻る