【熱海市】日本一の通学路、あたみ桜が見頃に入る/さくらの名所散策路

 熱海市が昨年3月に完成させた「さくらの名所散策路」でこのほど、あたみ桜が見頃を迎えた。県立熱海高校の通学路を兼ねて市が新たな観光名所にしよう15年かけて整備した。全長760メートルの遊歩道に87本のあたみ桜が植えられているが、観賞しながら散策できるのは今年が初めて。生徒ばかりでなく、南熱海の観光関係者を喜ばせている。

多賀湾を背景に可憐ピンクの花を咲かせる様は「日本一の通学路」の呼び声が高い。今週末から来週にかけて満開となる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
◾さくらの名所散策路の桜 あたみ桜85本、ヒマラヤザクラ15本、ソメイヨシノ5本

関連記事

注目の記事

  1.  伊東商工会議所青年部(気鋭の会)主催による「仕事のコツ」セミナーがこのほど開催され、平日の仕事帰り…
  2.  熱海市立図書館に熱海市にゆかりの深い作家で江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られる…
  3.  山北町(湯川裕司町長)は来年1月13日から、3回シリーズで町の歴史や文化財など山北の魅力を再発見す…
  4.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)は2018年3月のダイヤ改正にあわせ、JR東海御殿場…
  5.  弾道ミサイルが日本に落下または上空を通過する場合、「全国瞬時警報システム(Jアラート)」が発動され…
  6.  小田原市を中心に県西地域で活動する「報徳 九転十起人生塾」の田嶋享塾長ら4人が7日午後、小田原市役…

ページビュー

  • 126811総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 87昨日の閲覧数:
  • 1057月別閲覧数:
ページ上部へ戻る