【熱海市】日本一の通学路、あたみ桜が見頃に入る/さくらの名所散策路

 熱海市が昨年3月に完成させた「さくらの名所散策路」でこのほど、あたみ桜が見頃を迎えた。県立熱海高校の通学路を兼ねて市が新たな観光名所にしよう15年かけて整備した。全長760メートルの遊歩道に87本のあたみ桜が植えられているが、観賞しながら散策できるのは今年が初めて。生徒ばかりでなく、南熱海の観光関係者を喜ばせている。

多賀湾を背景に可憐ピンクの花を咲かせる様は「日本一の通学路」の呼び声が高い。今週末から来週にかけて満開となる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
◾さくらの名所散策路の桜 あたみ桜85本、ヒマラヤザクラ15本、ソメイヨシノ5本

関連記事

注目の記事

  1.  通年議会を導入している開成町議会(茅沼隆文議長)の12月定例会議は5・6・7日の審議日程で開かれる…
  2.  (公社)神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部の高杉尚男支部長ら4人はこのほど、小田原市役所に加藤憲…
  3.  小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回お…
  4.  日本三大船まつりのひとつに数えられる真鶴貴船まつり(国指定重要無形文化財)の”輝”を切り撮った「貴…
  5.  現職と新人の一騎打ちとなった松田町長選挙は9月10日に投開票され、2期目を目指す本山博幸氏(47、…
  6.  湯河原町(冨田幸宏町長)と真鶴町(宇賀一章町長)は平成30年1月4日から、妊婦の出産時の移動不安を…

ページビュー

  • 119932総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 38昨日の閲覧数:
  • 398月別閲覧数:
ページ上部へ戻る