【小田原市】最新の研究と写真・そして多言語化/30年ぶりにリニューアル(尊徳記念館)

 江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほど、昭和63(1998)年の改築以来、30年ぶりに展示室をリニューアルした。同館には、北関東や静岡などを中心に年間約1万2千人が訪れている。

 リニューアルの主な内容は①最新の研究に基づく尊徳の事績のほか、尊徳を取り巻く人物にも光を当てた②解説パネルに英語・中国語・韓国語の訳文を併記し、多言語化した③改築時から掲示されていた写真を、金次郎生誕の地・栢山を中心とする尊徳ゆかりの場所の最新写真に更新した。

 

 また、解説パネルは黒地に白文字として読みやすくしたほか、常陸国青木村(現・茨城県桜川市)の桜川堰工事の解説パネル、相馬中村藩の武士で尊徳の高弟・富田高慶が行った「相馬中村藩の仕法」の解説などを追加した。

二宮尊徳は、内村鑑三が英語で出版した『代表的日本人』に取り上げられ、太平洋戦争中、米軍が投降を促す宣伝ビラに尊徳の言葉を引用するなど影響は国内だけに留まらず、現在も報徳博物館(小田原市)が主催する「国際二宮尊徳思想学会」では、中国をはじめ海外の人々と共同研究を行っている。

 

 尊徳記念館では、尊徳の功績をもっと海外の人に知って貰いたいとの思いから、解説パネルを多言語化。同館のパンフレットも今年度内に多言語化する予定。

 尊徳記念館のHPは、http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/sontoku/ 

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  茶道裏千家淡交会小田原支部(飯沼寛雄支部長)の幹事長・大木康子さんと副幹事長の佐野清江さんはこのほ…
  2. 江戸時代の文政8(1825)年創業の老舗造り酒屋・中澤酒造(10代目・鍵和田茂社長、松田町)は12月…
  3.  《次代の山北を担う子どもたちが、議会の仕組みを知り、町の姿に関心を持って貰おう》と山北町(湯川裕司…
  4.  全国43地域のジオパーク関係者が集い、活動事例・課題に対する取り組みなどの情報共有やネットワークの…
  5.  戦国時代、五代100年にわたって関東に覇を唱えた小田原北条氏の拠点・小田原城にスポットを当てたオリ…
  6.  中井町議会(岸光男議長)の12月定例会は、5日から8日までの会期4日間の日程で行われる。  上程…

ページビュー

  • 80080総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 104昨日の閲覧数:
  • 1428月別閲覧数:
ページ上部へ戻る