【松田町】ロウバイ 満開です!/開園24日目で1万人達成/まつり1週間延長(2月18日まで)

 松田町の「寄(やどりき)ロウバイまつり」は2月6日、例年より1週間ほど遅れて、満開となった。

 園内では、冬枯れの山肌を黄色に染めるロウバイのトンネルや、蝋細工のような黄色い花びらとお茶畑、そして眼下に広がる寄の集落など、カメラを手にロウバイの甘い香りとのどかな風景を楽しむ人たちで賑わっている。

甘い香り漂うロウバイのトンネルを散策する人たち

 寄ロウバイまつりは、開園から24日目の2月5日、入園者1万人を達成した。1万人目となった平塚市の野津裕さん夫妻には、まつり実行委員会の大舘達治委員長から、ロウバイ染めのシルクスカーフや松田ブランド認定第1号のさくら鱒の燻製、足柄茶など松田の名産セットが贈られた。野津さんは「良い一年になりそう。ロウバイの木の間を通る散策路は、良い香りに包まれていて良かった。展望台まで上ってみたが、眺めも良かった」と笑顔を見せていた。また、前後賞には、さくら鱒の燻製とロウバイ染めのシルクスカーフが贈られた。

1万人目の野津さん夫妻を祝福する大舘実行委員長(左)と本山博幸町長(右)

 寄ロウバイまつり実行委員会では、日本列島を襲った寒波で1月中に2度の積雪に見舞われ、満開が遅れたため、まつりの期間を当初の2月12日までを18日までと1週間延長した。

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市(加藤憲一市長)と小田原市観光協会(石田武会長)は、市民が選ぶオススメの観光スポット「推し…
  2.   小田急グループの箱根ロープウェイ(鞠子篤也社長、本社・小田原市)は2月8日から、バレンタインデー…
  3.  神奈川県が市町村の広報活動の向上を図るため、昭和30(1955)年から実施している「平成29年神奈…
  4.  真鶴町議会(高橋敦議長)の12月定例会は、7・8日の会期2日間の日程で開かれる。  上程案件は、…
  5. 大井町(間宮恒行町長)は2月14日、一般会計と4特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、下水道、介護…
  6.  小田原市を中心に県西地域で活動する「報徳 九転十起人生塾」の田嶋享塾長ら4人が7日午後、小田原市役…

ページビュー

  • 84484総閲覧数:
  • 97今日の閲覧数:
  • 145昨日の閲覧数:
  • 2770月別閲覧数:
ページ上部へ戻る