【大井町】新年度当初予算案「一般会計は56億1千万円」/“成長戦略”の継続性に配慮と重点

大井町(間宮恒行町長)は2月14日、一般会計と4特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、下水道、介護保険の各事業)、水道事業会計を合わせた総額97億4700万円(対前年度比2億8,500万円減、対前年度比2.8%減)の新年度当初予算案を発表した。一般会計は、大井中央土地区画整理事業に伴う仮称・大井中央土地区画整理、相和ブランド創出など“成長戦略”に伴う町の礎となる事業の継続性に重点を置き、56億1千万円(対前年度比7千万円減、対前年度比1.2%減)を見込んだ。

 間宮町長は、〈おおいきらめきプランの着実な推進〉〈改革の精神〉〈今後の発展を見据えた施策・事業の展開〉〈協働のまちづくり〉〈財政の安定〉を挙げ、「成長戦略に掲げる《教育・保育環境の充実》《産業立地と居住環境の創出》《相和ブランドの創出》など事業の継続性に配慮と重点を置き、《ひとづくり・まちづくり・未来づくり》を実践するための予算を編成した」と述べた。

 主な事業は次の通り。◎新規事業。

 ◆教育・保育環境の充実=◎上大井小学校:南棟改修工事◎大井小学校:北棟改修工事の基本実施設計◎各小中学校に教員用タブレット端末導入し、ICTを活用した教育環境の整備(相和小は済)など。

 ◆産業立地と居住環境の創出=◎大井中央土地区画整理事業地内に公共下水道布設▽移住・定住促進に向けた三世帯同居にかかる住宅の取得・改修、新規住宅取得への補助。

 ◆相和ブランドの創出=◎「稼ぐ仕組み」構築に向けた農家レストランの開設準備◎フェイジョア栽培技術の習熟と品質向上による新商品の開発・プロモーション事業展開と販路拡大◎山田総合グラウンドの指定管理者導入など。

 ◆次世代産業の共創と連携=◎未病改善の拠点「未病バレーBIOTOPIA(ビオトピア)整備に合わせ、未病改善に向けたスポーツイベント開催◎未病改善に繋がる地域観光資源の発掘とPRを行う未病観光コンシェルジュの配置◎「大井町ふるさと劇団」を開き、“笑顔のおおい町”として健康長寿のまちづくりを推進など。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  日本競輪選手会神奈川支部の吉田晴行支部長と小田原競輪場開催執務委員長の隅田俊幸市公営事業部長らはこ…
  2.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  3.  全国に日帰り・宿泊温泉施設を展開する万葉倶楽部(本社・小田原市、高橋弘会長)は11月29日、同グル…
  4.  江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られ、熱海市にゆかりの深い作家森村誠一さん(84…
  5.  熱海市は12月4日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見を開き、「第1回熱海国際映画祭」の概要を発…
  6.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《瀬戸屋敷ひなまつり/…

ページビュー

  • 89948総閲覧数:
  • 27今日の閲覧数:
  • 78昨日の閲覧数:
  • 2070月別閲覧数:
ページ上部へ戻る