【箱根町】「第94回箱根駅伝」係わる5社が箱根町に寄付/サッポロビール、敷島製パン、ミズノ、トヨタ自動車、セコム

 正月の風物詩「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」に係わるサッポロビール(株)、敷島製パン(株)、ミズノ(株)、トヨタ自動車(株)、セコム(株)5社の関係者が2月15日午前、箱根町湯本の箱根町役場に山口昇士町長らを訪ね、1月2日の往路ゴール地点で行った募金、チャリティ、商品販売の収益金などを資源保全やスポーツ振興および大会関係事業に役立てて欲しい、との願いを込めて寄付をした。

箱根町の山口昇士町長(左から4人目)に寄付金などを贈ったセコム神奈川本部小田原支社・佐々木雄一支社長、トヨタ国内企画部メデイア・イベント企画プロジェクトチーム・矢島憲二郎主幹、サッポロビール首都圏本部横浜統括支社・福地賢支社長、敷島製パン・窪田英治営業二部長、ミズノ首都圏支社・石田雅司支社長(左から)

 各社からの寄付金は、サッポロビールが資源保全基金に35万円(平成8年~、総額564万5,714円)、敷島製パンがスポーツ振興に12万円(平成16年~、総額176万5,387円)、ミズノがスポーツ振興に10万円(平成22年~、総額63万円)、トヨタ自動車が駅伝協力金として10万円(平成23年~、総額80万円)、セコムが駅伝協力金として20万1,060円(平成27年~、総額522,968円)。

 山口町長は、「各社から頂く浄財は、町にとって大事な部分を占めている。昨年、町内の小中高生7人が、水泳や柔道、陸上などの全国大会で活躍するなどスポーツ振興や、町の資源保全などに役立っている。」と感謝の意をあらわした。

 同町では、駅伝・ロードレース・ママさんバレーなど各種スポーツ大会や講演・講習会の開催、文化・スポーツ団体への活動補助、箱根路森林ウォークやグラウンドゴルフ大会、ソフトバレーボール大会、箱根駅伝歓迎事業などでの活用を計画している。

(伊豆さがみ情報ネット)

 

 

関連記事

注目の記事

  1.  戦国時代、親子・兄弟・一門が争うことなく国力を高め、5代100年にわたって関東一円を治めた小田原北…
  2.  クリスマスの12月25日、熱海梅園では、ほかの花木に先駆けて咲くロウバイ(蝋梅)が、ロウ細工のよう…
  3.  大滑車に取り付けた長さ9メートルの大数珠を床に投げつけながら廻す、全国でも珍しい行法「世附(よづく…
  4.  「平成30年第1回定例会」を開会中の南足柄市議会(内田克己議長)の代表質問は、3月7日に3会派、8…
  5.  第48回衆議院選挙が10月10日公示された。静岡6区では予想されていた3氏が立候補届出を済ませ、1…
  6.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…

ページビュー

  • 104914総閲覧数:
  • 22今日の閲覧数:
  • 120昨日の閲覧数:
  • 1266月別閲覧数:
ページ上部へ戻る