【熱海市】「マンホール蓋」活用で観光振興 貫一お宮、芸妓デザイン

 熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅と芸妓」「貫一お宮」の2種類を製作し、9カ所ずつ設置(計18枚)していく。第一弾として2月6日に来宮駅前に「梅と芸妓」を設置。13日にはお宮の松近くの国道135号歩道に「貫一お宮」を設置した。残りの16枚は3月末までに順次設置する。事業費は約600万円。

 併せて市は全国的に人気が高まっている「マンホールカード」を来年度に作製し、誘客の振興につなげていく。同カードは国の下水道広報プラットフォーム(GKP)が企画監修するマンホール蓋のコレクションアイテム。マンホール蓋を管理する都道府県・市町村とGKPが共同で作成。現在、全国252自治体が293種のカードを無料配布しており、「マンホーラー」と呼ばれる愛好家のコレクターが心待ちしている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市選挙管理委員会は(吉田耕之助委員長)は3月1日、任期満了(9月13日)に伴う市長選と市議補選…
  2.  親から子へと伝えられた内裏雛や哀しい時・嬉しい時・楽しい時を共に過ごし、数々の思い出が詰まった人形…
  3.  小田原、箱根、真鶴、湯河原、南足柄の2市3町で構成される箱根ジオパーク推進協議会(会長・山口昇士箱…
  4.  熱海市の初島の春の風物詩「初島漁師の丼合戦」が2月3日開幕した。7回目となる今年も初島の漁師が営む…
  5.  中井町(杉山祐一町長)は9日午前10時から同町井ノ口の井ノ口公民館で開く、男女共同参画推進講演会「…
  6.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《瀬戸屋敷ひなまつり/…

ページビュー

  • 91662総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 58昨日の閲覧数:
  • 1269月別閲覧数:
ページ上部へ戻る