【熱海市】「マンホール蓋」活用で観光振興 貫一お宮、芸妓デザイン

 熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅と芸妓」「貫一お宮」の2種類を製作し、9カ所ずつ設置(計18枚)していく。第一弾として2月6日に来宮駅前に「梅と芸妓」を設置。13日にはお宮の松近くの国道135号歩道に「貫一お宮」を設置した。残りの16枚は3月末までに順次設置する。事業費は約600万円。

 併せて市は全国的に人気が高まっている「マンホールカード」を来年度に作製し、誘客の振興につなげていく。同カードは国の下水道広報プラットフォーム(GKP)が企画監修するマンホール蓋のコレクションアイテム。マンホール蓋を管理する都道府県・市町村とGKPが共同で作成。現在、全国252自治体が293種のカードを無料配布しており、「マンホーラー」と呼ばれる愛好家のコレクターが心待ちしている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.   小田急グループの箱根ロープウェイ(鞠子篤也社長、本社・小田原市)は2月8日から、バレンタインデー…
  2.  神奈川県が市町村の広報活動の向上を図るため、昭和30(1955)年から実施している「平成29年神奈…
  3.  正月の風物詩「第94回東京箱根間往復駅伝競走」の往路優勝校に贈られる「寄木トロフィーとメダル」が1…
  4.  静岡県熱海土木事務所と熱海市は10月19日、市役所で記者会見を開き、市内6地区のうち、熱海、多賀、…
  5.  小田原市は1月30日、同市久野の「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」にある大型複合遊具・コスモワ…
  6.  金太郎のふるさと・南足柄の旬を“パチリ”と撮った「南足柄市観光写真コンクール」の審査がこのほどあり…

ページビュー

  • 72495総閲覧数:
  • 67今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 1412月別閲覧数:
ページ上部へ戻る