【熱海市】熱海高校生、青春満喫 川勝知事絶賛の日本一美しい通学路

 川勝平太静岡県知事が「県で一番美しい通学路どころか、日本一美しい通学路」と絶賛していた熱海市の「さくらの名所散策路」。県立熱海高校とJR伊豆多賀駅を結ぶこのプロムナード(遊歩道)は昨年3月16日に完成したが、あたみ桜が散ったあとだったことから、実際に生徒たちが「日本一美しい通学路」で通学するのは、今年が初めて。

 ピンクのあたみ桜が咲きほころび、眼下には朝日を浴びた多賀湾の青い海。まるで青春ドラマのワンシーンのような清々しい光景。齊藤栄市長も「散策路を通年利用して、南熱海の誘客につなげたい」と期待を寄せている。
熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  2.   小田急グループの箱根ロープウェイ(鞠子篤也社長、本社・小田原市)は2月8日から、バレンタインデー…
  3.  熾火(おきび)の上を素足で渡り、煩悩や諸悪を焼き尽くす修行で知られる小田原市中里の延寿山成就院満福…
  4.  (公社)神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部の高杉尚男支部長ら4人はこのほど、小田原市役所に加藤憲…
  5.  小田原市(加藤憲一市長)はこのほど、外国人をはじめ小田原を訪れる観光客らのニーズが高い無料Wi-F…
  6.  熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20…

ページビュー

  • 89647総閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1769月別閲覧数:
ページ上部へ戻る