【小田原市・湯河原町】和歌山で第2回全国みかんサミット、小田原・湯河原のみかん関係者らも参加

 みかんの生産者や加工業者、JA、企業、消費者など、みかんに携わる広範な関係者が一堂に会して事例共有や意見を交わす「第2回みかんサミット」がこのほど、和歌山県湯浅町で開かれ、みかん産地としては北限の小田原市や湯河原町からも生産者が出席、みかん生産の「未来」など、6つのテーマについて意見を述べ合った。

みかんの「未来」などについて語り合った第2回日本みかんサミット2017

 このサミットは、東京大学経済学部の清原優太さんらの主催。みかん生産者の激減や各産地の活力が減退していくなか、課題解決や振興を目指すため、産地を横断して「自産地の目指すべきモデル」を見つけようとするのが目的。今回は全国からおよそ200人が参加した。

小田原市から参加した守屋さん

 トークセッションでは、栽培徹底討論、産地、販売、消費、経営、未来―の6つをテーマに、先進事例の発表と情報の共有を行い、みかん生産の未来に向けての共通認識を深めた。
 小田原市からは、遊休農地を利用してみかんを栽培し6次産業を行う「かなごてファーム」の小山田大和さん、小田原で開発された幻のみかん「湘南ゴールド」を使用してエナジードリンクを作っているUMEMARU Incの守屋佑一さん、湯河原町からは老舗みかん問屋・石澤商店の石澤秀樹さんらが参加した。

関連記事

注目の記事

  1. 二見康一さん(ふたみ・こういち): 11月26日逝去、67歳。熱海市銀座町。老舗干物店「釜鶴」社長…
  2.  小田原市本町に計画されている「市民ホール」の設計・施工者を決める公募型プロポーザルの二次審査が12…
  3.  新しい風が吹き、現職2人が涙を呑んだ真鶴町議会は10月6日、町議選後初の臨時会を開き、正・副議長は…
  4.  文化審議会(馬淵明子会長)は1月19日に開いた同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、箱根町(山口…
  5.  第18回静岡県市町対抗駅伝競走大会(12月2日、静岡市)の熱海市代表選手20人が決まった。  …
  6.  小田原市観光協会(石田武会長)は10月15日の「一夜城まつり」開催にあわせ、豊臣秀吉の小田原攻めの…

ページビュー

  • 91635総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1242月別閲覧数:
ページ上部へ戻る