【大井町】イメージキャラクターが アートに変身!/大井小児童が〈爪楊枝〉と〈どんぐり〉で〈すいっぴー〉描く

 大井町立大井小学校の石綿一弘校長はじめ6年3組の関野祥一教諭と児童33人が2月21日午前、大井町役場に間宮恒行町長を訪ね、総合的な学習時間を活用して、町のイメージキャラクター〈すいっぴー〉を爪楊枝(つまようじ)で描いた作品「爪楊枝アート」と1年4組の児童28人がどんぐりで作成した「どんぐりアート」を町に寄贈した。

 同校では、総合的な学習時間を活用して、“町の魅力を考える”をテーマに学習。”町を発信しよう“をテーマにした6年生の中、3組は楽しみながら〈すいっぴー〉を世界に発信しようと『学級だより』などで〈すいっぴー〉の魅力を取り上げてきた。

 「爪楊枝アート」は、昨年4月から11月にかけて制作した。発泡スチロールをキャンバスに見立て、カラースプレーで色づけした3万2,000本の楊枝を下絵に沿って根気よく、丁寧に一本一本刺し、緑のパンツに青い靴、そして3つのスイセンを身にまとい ニコニコ笑顔が可愛い〈すいっぴー〉に仕上げた。児童らは「楊枝を刺すのに指が痛くなり大変だったが、よく出来たので嬉しい」と笑顔を見せていた。

 「どんぐりアート」は、6年生が描いた下絵に1年4組の児童が町内の根岸山などから500個のどんぐりを集め、制作したもの。作品はいずれも模造紙大の大作。

 間宮町長は「昨年、〈すいっぴー〉のオリジナルソング・ハッピー ラッキー すいっぴー!とダンスが出来上がり、さまざまなイベントで人気が出てきた。2つの作品は、町民の郷土愛を育むシティプロモーションの〈物語り〉として展開させたい」と期待を込めた。

 同町では、アートに変身した〈すいっぴー〉の魅力を発信するため、町役場や生涯学習センター、そうわ会館など公共施設で「巡回展」を行う予定。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  文化審議会(馬淵明子会長)は1月19日に開いた同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、箱根町(山口…
  2.  総務省は12月26日、今年4月1日現在の地方公務員(一般行政職)の給与実態調査の結果を公表した。国…
  3.  大井町議会(小田眞一議長)の12月定例会は、5日から8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上…
  4.  小田原出身の俳人・藤田湘子(1926~2005)の足跡を顕彰し、小田原の俳句文化への理解を深め、誰…
  5.  衆院選(10月22日投開票)公示後、最後の日曜日なった10月15日、自民党の「最強助っ人」小泉進次…
  6.  小田原市城山の居神神社(村上國起宮司)は12月24日、小田原北条氏2代氏綱公が3代氏康公へ伝えた『…

ページビュー

  • 73789総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 32昨日の閲覧数:
  • 695月別閲覧数:
ページ上部へ戻る