【大井町】イメージキャラクターが アートに変身!/大井小児童が〈爪楊枝〉と〈どんぐり〉で〈すいっぴー〉描く

 大井町立大井小学校の石綿一弘校長はじめ6年3組の関野祥一教諭と児童33人が2月21日午前、大井町役場に間宮恒行町長を訪ね、総合的な学習時間を活用して、町のイメージキャラクター〈すいっぴー〉を爪楊枝(つまようじ)で描いた作品「爪楊枝アート」と1年4組の児童28人がどんぐりで作成した「どんぐりアート」を町に寄贈した。

 同校では、総合的な学習時間を活用して、“町の魅力を考える”をテーマに学習。”町を発信しよう“をテーマにした6年生の中、3組は楽しみながら〈すいっぴー〉を世界に発信しようと『学級だより』などで〈すいっぴー〉の魅力を取り上げてきた。

 「爪楊枝アート」は、昨年4月から11月にかけて制作した。発泡スチロールをキャンバスに見立て、カラースプレーで色づけした3万2,000本の楊枝を下絵に沿って根気よく、丁寧に一本一本刺し、緑のパンツに青い靴、そして3つのスイセンを身にまとい ニコニコ笑顔が可愛い〈すいっぴー〉に仕上げた。児童らは「楊枝を刺すのに指が痛くなり大変だったが、よく出来たので嬉しい」と笑顔を見せていた。

 「どんぐりアート」は、6年生が描いた下絵に1年4組の児童が町内の根岸山などから500個のどんぐりを集め、制作したもの。作品はいずれも模造紙大の大作。

 間宮町長は「昨年、〈すいっぴー〉のオリジナルソング・ハッピー ラッキー すいっぴー!とダンスが出来上がり、さまざまなイベントで人気が出てきた。2つの作品は、町民の郷土愛を育むシティプロモーションの〈物語り〉として展開させたい」と期待を込めた。

 同町では、アートに変身した〈すいっぴー〉の魅力を発信するため、町役場や生涯学習センター、そうわ会館など公共施設で「巡回展」を行う予定。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  全印刷局労働組合小田原支部の下川光男執行委員長と中崎貴洋青年女性対策部長はこのほど、小田原市役所に…
  2.  伊東商工会議所で1月13日、「伊東創業塾」(全3回)がスタートした。伊東創業塾は、起業・創業の実現…
  3.  日本の粋を学ぶ「伊東温泉お座敷文化大学」(主催:伊東市・伊東観光協会)の秋期講座が9月15日(金)…
  4.  箱根町議会(沖津弘幸議長)の12月定例会は12月5日から15日までの会期11日間の日程で開かれる。…
  5.  神奈川県が市町村の広報活動の向上を図るため、昭和30(1955)年から実施している「平成29年神奈…
  6.  小田原市観光協会(石田武会長)は、平成30(2018)年の「小田原開府500年」を記念して、難攻不…

ページビュー

  • 77992総閲覧数:
  • 31今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1466月別閲覧数:
ページ上部へ戻る