【山北町】念願の東山北駅前広場が完成/利用者に朗報!ロータリー供用開始

 山北町(湯川裕司町長)は20日午前、平成22年度に策定した〈東山北1000まちづくり〉基本計画の重点事業のひとつに掲げたJR御殿場線東山北駅前広場の整備に伴う開園式を同町向原で開いた。

 〈東山北1000まちづくり〉は、“東山北に1,000人の人口増加を目指す”をキャッチフレーズに①駅前地区(テーマ:東山北の顔づくりによる暮らしやすさの向上)②尾先地区(テーマ:東山北・水と緑あふれる“ゆとり住宅”)③水上地区(テーマ:東山北・緑と清流に囲まれた”快適住宅“)④原耕地地区(テーマ:商業とくらしが調和した東山北の元気づくり)の4地区が対象。原耕地地区には、平成26年度までに商業施設が進出、地域の活性化に貢献している。

 東山北駅は、昭和31(1956)年12月に地元の請願によって開業。同45(‘70)年8月に県立山北高校が駅近くに移転してからは、山北駅よりも1日あたり100人以上多く利用している。

 同駅には、ロータリーのスペースが無く、通学・通勤時間帯には、送迎車両が町道や県道に駐停車し、混雑していたため、近隣自治会から駅前広場・ロータリー整備の要望が出されていた。町では昨年8月から、ロータリー(約450平方メートル)整備、町道約60メートルの拡幅などを行った。

 開園式には、湯川町長はじめ近隣自治会、地権者など関係者のほか、向原保育園の園児など約150人が参加。

 式では、湯川町長が整備までの経過を交えながら、「地域活性化と町の発展に繋がれば…」と期待を込めた。テープカットに続いて、園児が、色とりどりのバルーンを大空に放し、開園を祝福した。また、庁用車2台による走り初めの後には、念願だったロータリーが供用開始となった。平成30年度からは、広場の舗装、ベンチ、水飲み場などを設置する予定。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  齊藤栄市長と熱海女性連絡会(滝野慶子会長)の「市長と語る会」が11月9日、市役所第3庁舎会議室であ…
  2.  神奈川県内で面積の一番小さな町の魅力を“パチリ”と撮った「2017開成町観光フォトコンテスト」の審…
  3.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」を積極的に進める松田町(本山博幸町長…
  4.  小田原市は29年度の若年者雇用マッチング支援事業として「求人企業訪問ツアー~見てから決める就活!~…
  5.  日本最大級のシャンソンの祭典・パリ祭の小田原版・「小田原パリ祭」を7月20日に開催した「小田原パリ…
  6.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《お山のひなまつり/大…

ページビュー

  • 114766総閲覧数:
  • 82今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1191月別閲覧数:
ページ上部へ戻る