【松田町】町内3郵便局と「包括連携協定」締結/町民の”安全・安心”へ前進

 企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」を積極的に進める松田町(本山博幸町長)は2月20日、日本郵便(株)の松田郵便局(川崎利克局長)、寄(やどりき)郵便局(大舘伸行局長)、松田惣領郵便局(大山千佳子局長)と同協定を締結した。同町が結ぶ「包括連携協定」は、DHC、富士フイルム、講談社、東京海上日動火災保険に続いて5社目。

「包括連携協定」を結んだ本山松田町長(中・左)と川崎松田郵便局長(中・右)、大舘寄郵便局長(左)、大山松田惣領郵便局長(右)

 同協定では、高齢者や障がい者、子どもら住民の異常に気づいたとき、道路の異常や不法投棄が疑われる廃棄物を発見したとき、農作物や人的・生活被害に繋がる恐れがあるイノシシ、シカ、クマなど野生獣を発見したときなどに「地域協力情報提供票」で町の担当部署に通知するほか、緊急を要する場合は、消防または警察など関係機関へ直接通報する、こととしている。

 また、定住促進や未来を担う子どもの育成など町の活性化に向けた、イメージキャラクターを使用した町のPR活動、町内における女性の活躍推進に関する取り組みへの協力なども行う。

(伊豆さがみ情報ネット) 

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市本町に計画されている「市民ホール」の設計・施工者を決める公募型プロポーザルの二次審査が12…
  2.  伊東市は今年、シャイニークリスマス2017と称して、藤の広場に6メートルのモミの木のイルミネーショ…
  3.  伊東市川奈の「伊豆高原ステンドグラス美術館」では春の特別感謝日として、3月5日・6日の両日を入館無…
  4.  小田原市早川の(株)山安の山田義征社長と山口豊売店統括部長はこのほど、小田原市役所に加藤憲一市長を…
  5.  全印刷局労働組合小田原支部の下川光男執行委員長と中崎貴洋青年女性対策部長はこのほど、小田原市役所に…
  6.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…

ページビュー

  • 109353総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 53昨日の閲覧数:
  • 960月別閲覧数:
ページ上部へ戻る