【箱根町】富・富・富(ふ・ふ・ふ)…2月22日は”笑みがこぼれる日”/箱根ガラスの森美術館で「大王松感謝祭」

 箱根町仙石原の箱根ガラスの森美術館(岩田正崔館長)は、2月22日を語呂合わせで年に一度、《富(ふ)・富(ふ)・富(ふ)》と自然に”笑みがこぼれる日”として、庭園内に育つパワースポット・大王松(だいおうしょう、樹齢約100年、樹高約20メートル)に日ごろの感謝と箱根の聖なるパワーが授かることを願う「大王松感謝祭」を開いた。

 《不法長寿》の花言葉を持つ「大王松」は三鈷(さんこ)の松とも呼ばれ、葉の長さが20~30センチにもなる3本葉は珍しく、身につけていると幸運が叶い、《知恵・慈悲・真心》を授かるとの言い伝えもある。

 感謝祭は、和太鼓のパフォーマンスの後、パワースポットとして人気のある箱根神社の中島正臣権宮司と勝亦教之権禰宜が神事を執り行い、箱根町の勝俣浩行副町長、沖津弘幸議長、箱根町観光協会の勝俣伸理事長、岩田館長らが玉串を捧げた。

 神事の後、会場をヴェネチアン・グラス美術館に移し、岩田館長の挨拶に続いて、イタリア特産のブラッド・オレンジジュースで乾杯、パワースポット・大王松に感謝の気持ちを表した。

 続いて、馬頭琴奏者のセーンジャーさんが、“福を招く音”を奏でる馬頭琴の由来にまつわる物語「スーホの白い馬」など2曲を演奏、館内にやさしい旋律が流れた。

 演奏終了後には、祈祷した大王松の松葉を専用ケースに入れた「お守り」が、参加者らにプレゼントされた。

 箱根ガラスの森美術館のHPは、http://www.hakone-garasunomori.jp/ 

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  生け花の小原流小田原支部の田代春紅支部長はじめ副部長の平井光華さんと相原春紘さんがこのほど、小田原…
  2.  小田原に古くから栄え・今に伝える《かまぼこ・漬け物・菓子・ひもの・塩辛・木工》など地域資産の工夫を…
  3.  大井町立大井小学校の石綿一弘校長はじめ6年3組の関野祥一教諭と児童33人が2月21日午前、大井町役…
  4.  大滑車に取り付けた長さ9メートルの大数珠を床に投げつけながら廻す、全国でも珍しい行法「世附(よづく…
  5.  小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回お…
  6.  小田原市(加藤憲一市長)は2月9日、一般会計と10特別会計(競輪、天守閣、国民健康保険、国民健康保…

ページビュー

  • 114766総閲覧数:
  • 82今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1191月別閲覧数:
ページ上部へ戻る