【熱海市】子育て・教育環境の充実や高齢者福祉/齊藤市長が施政方針演説

 熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20年を見据え、持続的な発展のための礎(いしずえ)づくりに着手する」と話し、来年度は子育て・教育環境の充実や高齢者福祉に力を入れ、人口定着を図る。

 具体的には、子ども医療費助成制度(自己負担0、所得制限なし)の対象年齢を現行の15歳から18歳に拡大。また第二小と小嵐保育園園舎のリノベーションにより、「(仮称)あたみ認定子供園」を整備する。高齢者福祉では、地域における身近な居場所として地域サロンを立ち上げ、トータルで支援する。
■熱海を拠点に近隣市町の観光施設を巡る二次的交通の整備
 基幹産業の観光については、2019年春のディストネーションキャンペーンや2020年東京五輪・パラリンピックを踏まえ、熱海を拠点に世界遺産・韮山反射炉や三島スカイウォークなどの近隣市町の観光施設を巡る二次的交通の整備に着手する。6月には、閑散期の誘客対策として「熱海国際映画祭」を開催し、国内外に熱海の名を発信していく。また、首都圏に最も近い有人島の初島に2019年度当初の供用開始を目指し、休憩施設を建設する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原に古くから栄え・今に伝える《かまぼこ・漬け物・菓子・ひもの・塩辛・木工》など地域資産の工夫を…
  2.  熱海市の2018年度予算編成へ向けた市長ヒアリングが1月5日、市役所で始まった。齊藤栄市長と森本要…
  3.  湯河原町は1月2日、「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走」(箱根駅伝)の往路ゴール地点の芦ノ湖畔で…
  4.  静岡県熱海土木事務所と熱海市は10月19日、市役所で記者会見を開き、市内6地区のうち、熱海、多賀、…
  5.  山北町議会(府川輝夫議長)の12月定例会は5日から、8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上…
  6.  2月15日、伊東市立富戸小学校の児童の案内による「ジオツアー」が開かれる。伊豆半島ジオパークの中で…

ページビュー

  • 73870総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 58昨日の閲覧数:
  • 776月別閲覧数:
ページ上部へ戻る