【熱海市】子育て・教育環境の充実や高齢者福祉/齊藤市長が施政方針演説

 熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20年を見据え、持続的な発展のための礎(いしずえ)づくりに着手する」と話し、来年度は子育て・教育環境の充実や高齢者福祉に力を入れ、人口定着を図る。

 具体的には、子ども医療費助成制度(自己負担0、所得制限なし)の対象年齢を現行の15歳から18歳に拡大。また第二小と小嵐保育園園舎のリノベーションにより、「(仮称)あたみ認定子供園」を整備する。高齢者福祉では、地域における身近な居場所として地域サロンを立ち上げ、トータルで支援する。
■熱海を拠点に近隣市町の観光施設を巡る二次的交通の整備
 基幹産業の観光については、2019年春のディストネーションキャンペーンや2020年東京五輪・パラリンピックを踏まえ、熱海を拠点に世界遺産・韮山反射炉や三島スカイウォークなどの近隣市町の観光施設を巡る二次的交通の整備に着手する。6月には、閑散期の誘客対策として「熱海国際映画祭」を開催し、国内外に熱海の名を発信していく。また、首都圏に最も近い有人島の初島に2019年度当初の供用開始を目指し、休憩施設を建設する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  “青く澄んだ空をこどもたちにバトンタッチしよう”を合言葉に、小田原市を全国屈指の“スマートシティ”…
  2.  神奈川県が市町村の広報活動の向上を図るため、昭和30(1955)年から実施している「平成29年神奈…
  3.  首都圏の人気マラソン大会は抽選で走れない人が続出するなど世は空前のマラソンブーム。ただ走るだけでな…
  4.  (公社)神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部の高杉尚男支部長ら4人はこのほど、小田原市役所に加藤憲…
  5.  「平成30年第1回定例会」を開会中の南足柄市議会(内田克己議長)の代表質問は、3月7日に3会派、8…
  6.  のどかなみやまの里に清々しい甘い香りを運ぶ早春の花・蝋梅(ろうばい)を愛でる「第7回松田町寄(やど…

ページビュー

  • 89942総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
  • 78昨日の閲覧数:
  • 2064月別閲覧数:
ページ上部へ戻る