【小田原】城下町の“伝統の技”受け継ぐ「菓子まつり」/小田原地下街「ハルネ小田原」うめまる広場(~25日)

 城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田原市栄町の小田原地下街「ハルネ小田原」うめまる広場で始まった。25日まで。時間は午前10時~午後6時。

 

 会場には、桃の節句などに飾られる砂糖菓子・金花糖や昔懐かしい駄菓子、自慢の和菓子や洋菓子の展示・販売もあり、“美味しい・楽しい”お菓子を求めて多くの人たちが詰めかけている。

 また、茶の湯とともに発達した和菓子の伝統の技を受け継ぐ職人が生菓子で〈早春〉や〈桃の節句〉などを表した〈歳時記〉や本物ソックリの〈握り寿司〉などに腕を振るった「工芸菓子」のほか、上野動物園の人気

者ジャイアントパンダ・シャンシャンなど色鮮やかな洋菓子も彩りを添えている。

縁日には欠かせない〈わたがし〉や〈どら焼き〉〈イチゴ大福〉〈錬切〉など、毎回大人気のお菓子作り体験教室には、親子連れなどが長い列をつくった。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  山北町(湯川裕司町長)は16日、一般会計、10特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、災害給付見舞…
  2.  里都(さと)まち♥なかいの魅力をギッシリ!詰め込んだ、中井町のビッグイベント「美・緑(みりょく)な…
  3.  熱海市議会は12月7、8日に一般質問を行う。初日5人、2日目5人。川口健議長・竹部隆副議長を除く市…
  4.  明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」で2月最初の日曜日となった2月4日、あた…
  5.  南足柄市議会(内田克己議長)12月定例会最終日の12月13日、総務福祉常任委員会に付託されていた議…
  6.  正月の風物詩「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」に係わるサッポロビール(株)、敷島製…

ページビュー

  • 70452総閲覧数:
  • 43今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1246月別閲覧数:
ページ上部へ戻る