【小田原】城下町の“伝統の技”受け継ぐ「菓子まつり」/小田原地下街「ハルネ小田原」うめまる広場(~25日)

 城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田原市栄町の小田原地下街「ハルネ小田原」うめまる広場で始まった。25日まで。時間は午前10時~午後6時。

 

 会場には、桃の節句などに飾られる砂糖菓子・金花糖や昔懐かしい駄菓子、自慢の和菓子や洋菓子の展示・販売もあり、“美味しい・楽しい”お菓子を求めて多くの人たちが詰めかけている。

 また、茶の湯とともに発達した和菓子の伝統の技を受け継ぐ職人が生菓子で〈早春〉や〈桃の節句〉などを表した〈歳時記〉や本物ソックリの〈握り寿司〉などに腕を振るった「工芸菓子」のほか、上野動物園の人気

者ジャイアントパンダ・シャンシャンなど色鮮やかな洋菓子も彩りを添えている。

縁日には欠かせない〈わたがし〉や〈どら焼き〉〈イチゴ大福〉〈錬切〉など、毎回大人気のお菓子作り体験教室には、親子連れなどが長い列をつくった。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  平成30年(2018)に《なかい誕生110年》を迎える中井町(杉山祐一町長)はこのほど、町の魅力を…
  2.  開成町の「防災について勉強する会 たんぽぽ」(通称・たんぽぽ)はこのほど、女性の視点を大切にして、…
  3. 小田原市(加藤憲一市長)は10月16日から、南足柄市との合併の是非を判断するのに当たり、市民の意向を…
  4.  静岡県熱海土木事務所と熱海市は10月19日、市役所で記者会見を開き、市内6地区のうち、熱海、多賀、…
  5.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  6.  今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」(主催=熱海市ホテル旅館協同組合連合会)が12月17…

ページビュー

  • 77792総閲覧数:
  • 12今日の閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数:
  • 1266月別閲覧数:
ページ上部へ戻る