【小田原】城下町の“伝統の技”受け継ぐ「菓子まつり」/小田原地下街「ハルネ小田原」うめまる広場(~25日)

 城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田原市栄町の小田原地下街「ハルネ小田原」うめまる広場で始まった。25日まで。時間は午前10時~午後6時。

 

 会場には、桃の節句などに飾られる砂糖菓子・金花糖や昔懐かしい駄菓子、自慢の和菓子や洋菓子の展示・販売もあり、“美味しい・楽しい”お菓子を求めて多くの人たちが詰めかけている。

 また、茶の湯とともに発達した和菓子の伝統の技を受け継ぐ職人が生菓子で〈早春〉や〈桃の節句〉などを表した〈歳時記〉や本物ソックリの〈握り寿司〉などに腕を振るった「工芸菓子」のほか、上野動物園の人気

者ジャイアントパンダ・シャンシャンなど色鮮やかな洋菓子も彩りを添えている。

縁日には欠かせない〈わたがし〉や〈どら焼き〉〈イチゴ大福〉〈錬切〉など、毎回大人気のお菓子作り体験教室には、親子連れなどが長い列をつくった。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市議会11月定例会の議会運営委員会が12月1日、市役所で開かれ、議会側が齊藤栄市長の議会軽視の…
  2.  地域に眠る様々なものを発掘、商品化して販売するUMEMARU Inc.(小田原市、守屋佑一代表)と…
  3.  全国43地域のジオパーク関係者が集い、活動事例・課題に対する取り組みなどの情報共有やネットワークの…
  4.  開成町(府川裕一町長)のミニ冊子『かいせいびより』(B6変形判、オールカラー、46ページ)がこのほ…
  5.  開成町議会(茅沼隆文議長)はこのほど、全国町村議会議長会(櫻井正人会長)から通年議会や日曜議会の開…
  6.  熱海市が昨年3月に完成させた「さくらの名所散策路」でこのほど、あたみ桜が見頃を迎えた。県立熱海高校…

ページビュー

  • 104915総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 120昨日の閲覧数:
  • 1267月別閲覧数:
ページ上部へ戻る