【開成町】全国町村議会議長会から2度目の「表彰」/議会改革の先進議会「開成町議会」

 開成町議会(茅沼隆文議長)はこのほど、全国町村議会議長会(櫻井正人会長)から通年議会や日曜議会の開催など議会改革の功績が認められ、「表彰」された。平成23年2月の特別表彰に続いて2回目。

 

表彰状を手にする茅沼隆文議長(右)と吉田敏郎副議長

 同議会は平成20年2月に改革宣言《議員が変われば議会が変わる》《議会が変われば開成町が変わる》《議員は、住民の良きリーダー》を掲げ、改革の歩みを続けている。

 茅沼議長は「前回の表彰は、全国で4番目、関東で初の通年議会を始めたことが認められたもの。今回は、議員一人ひとりが、議会基本条例を行動指針として、日々の議会活動を進めてきた成果だと思う。日曜議会ではほとんどの議員が、一般質問に立つなど町を良くしようという意識が高い。開成町議会は大いに自慢できると思うが、この自慢するレベルで開成町を自慢できるよう努力を続けたい」と語った。

開成町議会・改革の歩みは次の通り(抜粋)。

 ▽平成17年12月=町制50周年記念事業として初の日曜議会を開催(以来、毎年1回開催)。▽同20年7月=議会改革の先進地・北海道福島町議会視察。▽同21年3月=通年議会の試行実施、9月30日までの212日間。町長に逆質問権付与。▽同年10月=通年議会の試行実施期間終了。同年11月=通年議会実施要綱制定。▽同22年1月=通年議会スタート(関東初、全国4番目)、1月5日~12月28日までの358日間。▽同年4月=議会基本条例の施行。同年10月=町民を対象とした初の議会報告会。2回開催。同23年6月=日曜議会で過去最高の傍聴者94人。同25年3月=一般会計予算に初の付帯決議。同27年4月=通年の会期制スタート。同29年6月=13回目の日曜議会開催(議長除く11議員が一般質問に登壇)。▽同年10・11月=町内5会場で議会報告会開催など。

(伊豆さがみ情報ネット)

 

関連記事

注目の記事

  1.  クリスマスの12月25日、熱海梅園では、ほかの花木に先駆けて咲くロウバイ(蝋梅)が、ロウ細工のよう…
  2.  現職10人と新人3人が11の椅子を争った真鶴町議選は9月24日、投開票された。選挙戦は、“泡沫候補…
  3.  熱海市の猟師らでつくる「熱海ワナの会」の有志7人が10月22日、熱海市泉に野生動物解体処理施設「山…
  4.  熱海市選挙管理委員会は(吉田耕之助委員長)は3月1日、任期満了(9月13日)に伴う市長選と市議補選…
  5.  官公庁仕事始めの1月4日、熱海市は第1庁舎4階会議室で仕事始め式を行い、齊藤栄市長は「10年かけて…
  6.  NPO法人おだわらねこと小田原市は、野良猫の現状や猫の適正飼育などについて理解を広めるイベント「お…

ページビュー

  • 70428総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1222月別閲覧数:
ページ上部へ戻る