【広域・大井町】お山のひなまつり/ひょうたんの内裏雛がお出迎え!

 神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《お山のひなまつり/大井町》《雛の舘・森のひなまつり/南足柄市》《まつだ桜まつり・雛のつるし飾り/松田町》《瀬戸屋敷ひなまつり/開成町》と、それぞれに特徴もあり、“ほっこりとした春”を感じられる。

 雄大な富士山と丹沢山塊、そして春を待つ湘南から東京方面の景色を望む大井町柳の郷土資料館・お山のギャラリーを会場にした「お山のひなまつり」が、25日から始まった。3月4日まで。時間は午前10時~午後4時(最終日は正午)。

 「お山のひなまつり」は、大井町商工振興会の女性部が中心となって町内に眠っている内裏雛の展示を呼びかけ、2012年から始まった。

 会場では、ひょうたんの町・大井で育成された大ヒョウタンの内裏雛と三人官女、五人囃子が揃った《ひょうたん雛》がお出迎え。明治・大正・昭和の時代に親から娘に伝えられた〈段飾り〉や〈御殿飾り〉、食用ひょうたんと縮緬で作った〈つるし飾り〉などに混じり、傘や徳利、背負梯子、行燈(あんどん)などの民具も置かれている。

 また、町内の造り酒屋の酒粕で作った甘酒の無料サービスもあり、訪れる人たちの心と体を温めている。

 問合せは、大井町役場地域振興課(電話0465-85-5013)へ。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  2.  湯河原町(冨田幸宏町長)は2月7日、一般会計と3特別会計(国民健康保険事業、介護保険事業、後期高齢…
  3.  開成町の「防災について勉強する会 たんぽぽ」(通称・たんぽぽ)はこのほど、女性の視点を大切にして、…
  4.  (公社)神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部の高杉尚男支部長ら4人はこのほど、小田原市役所に加藤憲…
  5.  小田原市観光協会(石田武会長)は11月15日、城下町・小田原の秋の風物詩として親しまれている「第6…
  6.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」を積極的に進める松田町(本山博幸町長…

ページビュー

  • 73789総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 32昨日の閲覧数:
  • 695月別閲覧数:
ページ上部へ戻る