【広域・開成町】瀬戸屋敷ひなまつり/多彩な雛人形とつるし雛で“春”をお出迎え!

 神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《瀬戸屋敷ひなまつり/開成町》《雛の舘・森のひなまつり/南足柄市》《まつだ桜まつり・雛のつるし飾り/松田町》《お山のひなまつり/大井町》と、それぞれに特徴もあり、“ほっこりとした春”を感じられる。

 開成町金井島ののどかな田園地帯に佇む茅葺きの古民家・あしがり郷瀬戸屋敷では、名主を務めた瀬戸家に伝わる江戸後期の内裏雛や小田原藩主・大久保家の家紋入り〈小道具類〉のほか、「段飾り」、「御殿飾り」、地元の蔵から発見された約300年前の「享保雛」、婦人会手づくりの「つるし飾り」7,000個以上、高さ2.4メートルの「大つるし雛」などを飾った「瀬戸屋敷ひなまつり」を開いている。3月4日まで。時間は午前10時~午後5時(最終入園は午後4時)。入園料は400円(中学生以下無料)。

 家紋入り小道具類は、『伊勢物語』の豆本を置いた書見台、貝合わせ、手あぶり、碁盤、茶道具、碁盤、将棋盤など見応え十分。

 また、婦人会が〈桜色のつるし雛で春をお出迎え〉をコンセプトに制作した新作雛「桜色傘福」も、人気を集めている。

瀬戸屋敷ひなまつりのHPは、http://www.kaisei-hinamatsuri.com

問合せは、あしがり郷「瀬戸屋敷」(電話0465-84-0050)へ。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市の2018年度予算編成へ向けた市長ヒアリングが1月5日、市役所で始まった。齊藤栄市長と森本要…
  2.  伊東市の認知症カフェは先月12月のクリスマスコンサートもお知らせしたが、1月は「冬の音楽祭」という…
  3.  碧く輝く相模の海を望む小田原市根府川にアトリエを構え、2013年8月に93歳の天寿をまっとうした画…
  4.  熱海市は、耐震問題と利用者減少で2019年3月で市振興公社が管理する姫の沢公園の「自然の家」を撤廃…
  5.  熱海市環境衛生自治推進協会(鈴木秀旺会長)は2月2日、熱海市役所で第57回環境衛生大会を開いた。同…
  6.  熱海梅園で1月6日、第74回「梅まつり」が始まり、ひと足早い春を求める観光客でにぎわった。オープニ…

ページビュー

  • 124417総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 45昨日の閲覧数:
  • 588月別閲覧数:
ページ上部へ戻る