【広域・開成町】瀬戸屋敷ひなまつり/多彩な雛人形とつるし雛で“春”をお出迎え!

 神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《瀬戸屋敷ひなまつり/開成町》《雛の舘・森のひなまつり/南足柄市》《まつだ桜まつり・雛のつるし飾り/松田町》《お山のひなまつり/大井町》と、それぞれに特徴もあり、“ほっこりとした春”を感じられる。

 開成町金井島ののどかな田園地帯に佇む茅葺きの古民家・あしがり郷瀬戸屋敷では、名主を務めた瀬戸家に伝わる江戸後期の内裏雛や小田原藩主・大久保家の家紋入り〈小道具類〉のほか、「段飾り」、「御殿飾り」、地元の蔵から発見された約300年前の「享保雛」、婦人会手づくりの「つるし飾り」7,000個以上、高さ2.4メートルの「大つるし雛」などを飾った「瀬戸屋敷ひなまつり」を開いている。3月4日まで。時間は午前10時~午後5時(最終入園は午後4時)。入園料は400円(中学生以下無料)。

 家紋入り小道具類は、『伊勢物語』の豆本を置いた書見台、貝合わせ、手あぶり、碁盤、茶道具、碁盤、将棋盤など見応え十分。

 また、婦人会が〈桜色のつるし雛で春をお出迎え〉をコンセプトに制作した新作雛「桜色傘福」も、人気を集めている。

瀬戸屋敷ひなまつりのHPは、http://www.kaisei-hinamatsuri.com

問合せは、あしがり郷「瀬戸屋敷」(電話0465-84-0050)へ。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  山北町議会(府川輝夫議長)の「平成30年第一回定例会」は、3月2日から15日までの会期14日間の日…
  2.  《次代の山北を担う子どもたちが、議会の仕組みを知り、町の姿に関心を持って貰おう》と山北町(湯川裕司…
  3.  開成町(府川裕一町長)のミニ冊子『かいせいびより』(B6変形判、オールカラー、46ページ)がこのほ…
  4. 中村和子さん(なかむら・かずこ):小田原市栄町、株式会社ナック中村屋相談役。同社小西育子社長の御母堂…
  5.  南足柄市(加藤修平市長)は、地域資源を生かし作られた産品を“金太郎のふるさと南足柄”のイメージアッ…
  6.  神奈川県が市町村の広報活動の向上を図るため、昭和30(1955)年から実施している「平成29年神奈…

ページビュー

  • 77795総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数:
  • 1269月別閲覧数:
ページ上部へ戻る