【広域・開成町】瀬戸屋敷ひなまつり/多彩な雛人形とつるし雛で“春”をお出迎え!

 神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《瀬戸屋敷ひなまつり/開成町》《雛の舘・森のひなまつり/南足柄市》《まつだ桜まつり・雛のつるし飾り/松田町》《お山のひなまつり/大井町》と、それぞれに特徴もあり、“ほっこりとした春”を感じられる。

 開成町金井島ののどかな田園地帯に佇む茅葺きの古民家・あしがり郷瀬戸屋敷では、名主を務めた瀬戸家に伝わる江戸後期の内裏雛や小田原藩主・大久保家の家紋入り〈小道具類〉のほか、「段飾り」、「御殿飾り」、地元の蔵から発見された約300年前の「享保雛」、婦人会手づくりの「つるし飾り」7,000個以上、高さ2.4メートルの「大つるし雛」などを飾った「瀬戸屋敷ひなまつり」を開いている。3月4日まで。時間は午前10時~午後5時(最終入園は午後4時)。入園料は400円(中学生以下無料)。

 家紋入り小道具類は、『伊勢物語』の豆本を置いた書見台、貝合わせ、手あぶり、碁盤、茶道具、碁盤、将棋盤など見応え十分。

 また、婦人会が〈桜色のつるし雛で春をお出迎え〉をコンセプトに制作した新作雛「桜色傘福」も、人気を集めている。

瀬戸屋敷ひなまつりのHPは、http://www.kaisei-hinamatsuri.com

問合せは、あしがり郷「瀬戸屋敷」(電話0465-84-0050)へ。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  “青く澄んだ空をこどもたちにバトンタッチしよう”を合言葉に、小田原市を全国屈指の“スマートシティ”…
  2.  大滑車に取り付けた長さ9メートルの大数珠を床に投げつけながら廻す、全国でも珍しい行法「世附(よづく…
  3.  開成町の「防災について勉強する会 たんぽぽ」(通称・たんぽぽ)はこのほど、女性の視点を大切にして、…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)は「第64回文化財防火デー」の26日午前9時30分から、同市板橋の松永記念…
  5.  衆院選(10月22日投開票)公示後、最後の日曜日なった10月15日、自民党の「最強助っ人」小泉進次…
  6.  城下町小田原のシンボル・小田原城の一年のホコリやチリを払い落とす師走の風物詩「小田原城天守閣 すす…

ページビュー

  • 84188総閲覧数:
  • 52今日の閲覧数:
  • 132昨日の閲覧数:
  • 2474月別閲覧数:
ページ上部へ戻る