【広域・南足柄市】雛の館・森のひなまつり/特別展示「人形師・原米洲の木目込み人形」

 神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《雛の舘・森のひなまつり/南足柄市》《まつだ桜まつり・雛のつるし飾り/松田町》《瀬戸屋敷ひなまつり/開成町》《お山のひなまつり/大井町》と、それぞれに特徴もあり、“ほっこりとした春”を感じられる。

 “天狗の棲む森”の中の建つ南足柄市広町の郷土資料館では、江戸・明治・大正・昭和・平成までの多彩なひな人形が揃う「雛の館・森のひなまつり」を開いている。3月31日まで。時間は午前9時~午後4時30分。休館日は、3月5・12・19・22・26日。入館料は大人300円(中学生以下無料)。

 会場には、「段飾り」をはじめ宮中を模した「御殿飾り」、『源氏物語絵巻』の屋内描写の屋根や天井がなく上から眺めた構図の「源氏枠飾り」、江戸時代の享保年間(1716~1736)に流行した「享保雛」、「和紙雛人形」、〈海外投資ブーム雛〉や村山内閣を揶揄した〈何でも賛成雛〉など世相を反映した「変わり雛」もある。

 また、国指定無形文化財の人形師・原米洲(はら・べいしゅう、1893~1989)の木目込み人形は、人形の肌に胡粉を塗って艶を出す〈胡粉仕上げ〉と目や眉を笹の葉のように濃淡の違う数十本の細い線で描いた〈笹目〉の技法は圧巻。

 問合せは、南足柄市郷土資料館(電話06-73-470)へ。

 (伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1. 江戸時代の文政8(1825)年創業の老舗造り酒屋・中澤酒造(10代目・鍵和田茂社長、松田町)は12月…
  2.  中井町(杉山祐一町長)は12月9日から、マンホールの蓋(ふた)に町の花(リンドウ)、町の木(キンモ…
  3.  「平成30年第1回定例会」を開会中の南足柄市議会(内田克己議長)の代表質問は、3月7日に3会派、8…
  4.  光と音が難攻不落の城・小田原城を幽玄な世界へと誘う「小田原城 冬桜イルミネーション~光と音が織りな…
  5.  開成町(府川裕一町長)のミニ冊子『かいせいびより』(B6変形判、オールカラー、46ページ)がこのほ…
  6.  江戸時代中期から相模地方に伝わる相模人形芝居の五座が一堂に揃い、日ごろの鍛錬の成果を披露する「第4…

ページビュー

  • 114766総閲覧数:
  • 82今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1191月別閲覧数:
ページ上部へ戻る