【経済】IKC、東京キー局の放送を9月末で終了、熱海のホテル・旅館に衝撃

 ケーブルテレビ局「伊豆急ケーブルネットワーク」(IKC、本社熱海市)はこのほど、東京のチャンネル(日本テレビ、TBS、テレビ朝日、フジテレビ)の地上波デジタル放送を9月30日で終了すると発表した。関係各所と協議して決め、加入者には文書で通達した。10月以降は、テレビ東京、テレビ神奈川、東京MXテレビ、NHK総合放送、Eテレ静岡は引き続き放送するが、他の東京キー局の番組は、静岡第一テレビ、SBS、静岡朝日テレビ、テレビ静岡だけの放送となる。

 熱海市には、およそ1万世帯の別荘所有者、東京、神奈川方面からの宿泊客や外国人ツーリストが多いことから、地上波放送デジタル化に伴うローカル局放送移行後も特別措置として東京波地上波放送が併用されてきた。
 昨年も熱海市には年間307万人超の宿泊客があり、その多くが東京、神奈川からの観光客だっただけに今後を不安視する声が多い。本紙編集室にも「このままではIKCを契約解除して、個別アンテナを復活させるしかない。そうなれば、議会放送、市役所からのお知らせも無駄になる。関東波を必要とする熱海の特異性を配慮していただきたい」といった内容のメールが複数寄せられている。
熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  (公社)神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部の高杉尚男支部長ら4人はこのほど、小田原市役所に加藤憲…
  2.  全国で44番目の森林セラピー基地「森林(もり)のおもてなし やまきた」に認定された山北町森林セラピ…
  3.  南足柄市の加藤修平市長は12月1日、小田原市との「中心市のあり方」について「小田原市と南足柄による…
  4.  大井町立大井小学校の石綿一弘校長はじめ6年3組の関野祥一教諭と児童33人が2月21日午前、大井町役…
  5.  親から子へと伝えられた内裏雛や哀しい時・嬉しい時・楽しい時を共に過ごし、数々の思い出が詰まった人形…
  6. 山田貢さん(やまだ・みつぎ):小田原市城内、山田歯科。 2月4日逝去、82歳。 通夜:2月8日午…

ページビュー

  • 89647総閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1769月別閲覧数:
ページ上部へ戻る