【伊東市】伊豆高原ステンドグラス美術館、アニバーサリー入館無料の2日間で通常の5倍近い人出

 伊東市川奈の「伊豆高原ステンドグラス美術館」では春の特別感謝日として、3月5日・6日の両日を入館無料開放した。これは、併設の「伊豆高原ミッシェルガーデンコート」の12周年記念を祝してのもので、二日間合計で850名ほどの来館者があったという。併設の協会および礼拝堂で開かれる毎時のコンサートが催された。

 パイプオルガン、オルゴール、マリンバ、ピアノなどでの数曲の聞き慣れた曲が選ばれており、どの世代にも安心して喜ばれる音楽で、心地よいメロディーは来場者のひと時を和ませていた。このコンサートの前後にあわせ、ステンドグラスの美や買い物、喫茶を楽しむ来客で大いににぎわった。

 入館無料はこの周年記念の三月上旬二日間のみだが、そのほかにもファミリー向けや女子高校生向けのイベントなども不定期に開催されているという。また、学生ならば4月10日までは入館料の割引サービスがある。(学生証提示要)
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  2.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)が導入を進める新型特急ロマンスカー70000形の車体…
  3.  小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回お…
  4.  鎌倉時代の故事を起源とする山北町・室生神社の流鏑馬(やぶさめ)が3日、神社前の道に砂を敷き詰めた約…
  5.  小田原市本町に計画されている「市民ホール」の設計・施工者を決める公募型プロポーザルの二次審査が12…
  6.  江戸時代中期から相模地方に伝わる相模人形芝居の五座が一堂に揃い、日ごろの鍛錬の成果を披露する「第4…

ページビュー

  • 109353総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 53昨日の閲覧数:
  • 960月別閲覧数:
ページ上部へ戻る