【小田原市】「ODAWARAえっさホイおどり」16日開幕!お城一帯、演舞で熱気に(9月17日まで)

 第19回「ODAWARAえっさホイおどり」(主催:同おどり実行委員会)が16日から小田原城内特設ステージなどの演舞会場で始まった。17日まで。

雨をものともせずダイナミックな演舞を披露する今年の出場チーム

 このイベントは「街が元気になるような踊りの祭りを作ろう!」を合い言葉に1999年、当時の小田原商工会議所青年部などが中心となって1999年に始まった。「よさこい」をベースに、小田原ならではの「おさるのかごや」「小田原小唄」を取り入れた公式踊り「えっさほい小唄」も2010年に誕生した。
 今年は全41チームが小田原城の二の丸メイン会場や銅門、本丸、栄町の会場で、ダイナミックな演舞を披露する。
 チーム別の詳しい演舞時間・会場などは公式ホームページ(http://www.essahoi.com/)で掲載中。主催者では多く市民の来場・声援を呼びかけている。

詳しいタイムテーブルは「ODAWARAえっさホイおどり」公式HPへ

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市は10月5日までに、小田原市・南足柄市「中心市のあり方」に関する任意協議会の結果と市の合併…
  2.  衆院選(10月22日投開票)公示後、最後の日曜日なった10月15日、自民党の「最強助っ人」小泉進次…
  3.  伊東商工会議所青年部「気鋭の会」(葛城武典 会長)が主催する「伊東こどもビジネス体験塾BIP(Bu…
  4.  《火の用心 ことばを形に 習慣に》を全国統一防火標語にした「秋季全国火災予防運動」が7日から始まっ…
  5.  大井町議会(小田眞一議長)の第3回定例会は7日から、22日までの会期16日間の日程で開かれる。 …
  6.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…

ページビュー

  • 77792総閲覧数:
  • 12今日の閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数:
  • 1266月別閲覧数:
ページ上部へ戻る