【小田原市】地層が伝える大地の記憶/生命の星・地球博物館で特別展「地球を《はぎ取る》」

 小田原市入生田の県立生命の星・地球博物館(平田大二館長)では「大地の古文書」と言われる地層の「はぎ取り標本」から大地のさまざまな記憶を読み解く特別展「地球を《はぎ取る》~地層が伝える大地の記憶」を開いている。11月5日まで。休館日は9月19・25日/10月2・10・11・16・23・30日。開館時間は9:00~16:30(入館は16:00まで)。

「大地の記憶」を知ることができる特別展

 同展は、①「時の記憶」=時の流れを記憶する地層のはぎ取り標本と実験展示を通して、地層の原理について解説する。②「事件の記憶」=地層から地震・津波・液状化・乱泥流、火山噴火など大地で起こったさまざまな事件を読み解く。③「場所の記憶」=地層は、たまる場所によって種類も模様も違い、貝殻なども入る浅い海、海底を流れる“川”、大地の表面を覆う地層、湖など繊細な模様の美しさも楽しめる。④「現場の記憶~大地を標本にする方法」=地層はぎ取り技法をはじめ現場を保存する方法、地層標本や情報を博物館で保存する意義などについて解説する4つのコーナーからなる。

 会場には、はぎ取り(接状剥離法・せつじょうはくりほう)や型取り(離状剥離法・りじょうはくりほう)などの技法を駆使した貴重な標本が並んでいる。戦時中に掘られ、ツルハシの痕も残る地下壕をトンネル状にはぎ取った標本や縄文人が1千年以上もゴミ捨て場として使っていた貝塚層断面露頭のはぎ取り標本、小田原城の堀底に液状化による噴砂脈が残る立体標本、地層ができた後で、中に含まれていた水が抜けてもとの模様が変形したうねうね模様(コンボリュート構造)が美しい標本など地層の記憶から辿る大地の面白さを伝えている。
生命の星・地球博物館のホームページは http://nh.kanagawa-museum.jp

関連記事

注目の記事

  1.  中井・なかい・なかいい・仲いい……にかけて、11月22日の《いい夫婦の日》を前にした19日午後1時…
  2.  衆院選(10月22日投開票)公示後、最後の日曜日なった10月15日、自民党の「最強助っ人」小泉進次…
  3.  真鶴町(宇賀一章町長)は11月11・12日の両日、真鶴港を舞台に、古(いにしえ)より海とともに生き…
  4.  山北町(湯川裕司町長)は20日午前、平成22年度に策定した〈東山北1000まちづくり〉基本計画の重…
  5.   小田急グループの箱根ロープウェイ(鞠子篤也社長、本社・小田原市)は2月8日から、バレンタインデー…
  6.  小田原に古くから栄え・今に伝える《かまぼこ・漬け物・菓子・ひもの・塩辛・木工》など地域資産の工夫を…

ページビュー

  • 77994総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1468月別閲覧数:
ページ上部へ戻る