【小田原市】市民ホール事業の公募1次審査終了、3案に絞り込む

 市民ホール整備事業に伴う設計施工事業者の選定で、小田原市は9月19日、プロポーザルの一次審査結果を発表、応募した4者を3者に絞った。審査を通過した3案は、それぞれ「城見テラス」「大屋根黒門」「屋上桟敷」などといった、小田原らしさを象徴づける設計・機能が特長。


 市民ホール整備推進委員会の佐藤滋委員長は「各者の技術提案書からは、要求水準書が求める芸術文化創造の拠点でありながら、周辺地域の回遊性やにぎわいに寄与し、小田原城を含む周辺環境に配慮するといった、小田原市独自の課題に真摯に向き合い、理解に努め、熟考を重ねたことが伝わり、いずれも意欲的で魅力あふれるレベルの高い提案だった。二次審査用に提出される技術提案書がさらに魅力あふれるものとなることを期待している」と述べている。
 今後は、市民ホール整備推進委員会との「個別対話」(コンペティティブダイアローグ)、シンポジウムなどを経て、2018年1月下旬に実施される予定の二次審査で優先交渉権者1者を決める。
 一次審査通過者は次の通り。(五十音順)
 ▽梓設計・小泉アトリエ・佐藤工業共同企業体▽鹿島建設・環境デザイン研究所共同企業体▽前田建設工業・ヨコミゾマコト建築設計事務所共同企業体
 プレゼンテーション資料は http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/citizens_hall/hall-h29/170916hall_propo.html からダウンロード可能

関連記事

注目の記事

  1.  開成町の「防災について勉強する会 たんぽぽ」(通称・たんぽぽ)はこのほど、女性の視点を大切にして、…
  2.  ケーブルテレビ局「伊豆急ケーブルネットワーク」(IKC、本社熱海市)はこのほど、東京のチャンネル(…
  3.  無投票モードから一転、投票モードとなった箱根町議選は9月24日、投開票された。現職13人と新人3人…
  4.  小田原城では初めての試みとなる体感型イルミネーションイベント「小田原城 冬桜イルミネーション ~ …
  5.  熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日早朝、普段は見られない「毘沙門天王像」がご開帳された。鎌倉時代を代…
  6.  南足柄市(加藤修平市長)は平成25年度から、景観啓発事業の一環として市内の小中学生を対象に景観絵画…

ページビュー

  • 89949総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 78昨日の閲覧数:
  • 2071月別閲覧数:
ページ上部へ戻る