沿線の魅力をパチリ!/御殿場線沿線写真コンテスト

 御殿場線沿線の魅力をパチリと撮った作品を募集する「第2回御殿場線沿線写真コンテスト」が開かれている。
 主催する御殿場線利活用推進協議会(会長・若林洋平御殿場市長)は、輸送力の増強を図り、地域住民の利便と地域の活性化推進を目的に昭和39年に設立された。現在、静岡県(4市2町:御殿場市・沼津市・裾野市・三島市・長泉町・小山町)、神奈川県(1市3町:小田原市・山北町・松田町・大井町)の2県10市町で構成する。

 作品の募集は10月31日まで(郵送は当日消印有効)。募集部門は①御殿場線部門(御殿場線が走る風景や御殿場線の魅力が伝わる作品)②沿線部門(御殿場線沿線の自然・風景・祭事などを題材にした作品)。
 入賞は、撮影地(10市町)ごとに3作品入選作品を選出。入選作品の中から、最優秀賞(商品券1万円分)、優秀賞(同5千円分)、佳作(同3千円分)とすべての入選者に御殿場線沿線カレンダーを贈る。
 応募は、原則デジタル。メールに件名「御殿場線沿線写真コンテスト」と記し作品(JPEG形式)を添付して送信するか、作品データを保存したCD-Rを各市町に送付すること。印刷して応募する場合は、2Lサイズとし、作品ごとに応募シートを貼付すること。
 募集要項や応募シートは、同協議会のHP http://gotembasen.net/ で。

関連記事

注目の記事

  1.  海とともに生きる真鶴町の古き祭と新しき祭を後世に伝える「豊漁豊作祭~真鶴 龍宮祭」が秋晴れに恵まれ…
  2.  南足柄市(加藤修平市長)は平成25年度から、景観啓発事業の一環として市内の小中学生を対象に景観絵画…
  3.  観光を基幹産業とする熱海市は、昨年10月から「自伐型林業」の講習会を開き、林業を軸にした若者の雇用…
  4.  無投票か選挙か――。9月19日の告示日まで関係者をやきもきさせた箱根町議会の選挙戦は、定数14に対…
  5.  山北町(湯川裕司町長)は20日午前、平成22年度に策定した〈東山北1000まちづくり〉基本計画の重…
  6.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…

ページビュー

  • 80327総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 90昨日の閲覧数:
  • 1675月別閲覧数:
ページ上部へ戻る