沿線の魅力をパチリ!/御殿場線沿線写真コンテスト

 御殿場線沿線の魅力をパチリと撮った作品を募集する「第2回御殿場線沿線写真コンテスト」が開かれている。
 主催する御殿場線利活用推進協議会(会長・若林洋平御殿場市長)は、輸送力の増強を図り、地域住民の利便と地域の活性化推進を目的に昭和39年に設立された。現在、静岡県(4市2町:御殿場市・沼津市・裾野市・三島市・長泉町・小山町)、神奈川県(1市3町:小田原市・山北町・松田町・大井町)の2県10市町で構成する。

 作品の募集は10月31日まで(郵送は当日消印有効)。募集部門は①御殿場線部門(御殿場線が走る風景や御殿場線の魅力が伝わる作品)②沿線部門(御殿場線沿線の自然・風景・祭事などを題材にした作品)。
 入賞は、撮影地(10市町)ごとに3作品入選作品を選出。入選作品の中から、最優秀賞(商品券1万円分)、優秀賞(同5千円分)、佳作(同3千円分)とすべての入選者に御殿場線沿線カレンダーを贈る。
 応募は、原則デジタル。メールに件名「御殿場線沿線写真コンテスト」と記し作品(JPEG形式)を添付して送信するか、作品データを保存したCD-Rを各市町に送付すること。印刷して応募する場合は、2Lサイズとし、作品ごとに応募シートを貼付すること。
 募集要項や応募シートは、同協議会のHP http://gotembasen.net/ で。

関連記事

注目の記事

  1. 山田貢さん(やまだ・みつぎ):小田原市城内、山田歯科。 2月4日逝去、82歳。 通夜:2月8日午…
  2.  現職10人と新人3人が11の椅子を争った真鶴町議選は9月24日、投開票された。選挙戦は、“泡沫候補…
  3.  小田原市は10月5日までに、小田原市・南足柄市「中心市のあり方」に関する任意協議会の結果と市の合併…
  4.  天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する早咲き梅の枝切り作業が12月19日、「日本一早く咲く梅」…
  5.  今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」(主催=熱海市ホテル旅館協同組合連合会)が12月17…
  6.  南足柄市(加藤修平市長)は6日の岡本コミュニティセンターを皮切りに、小田原市と「中心市のあり方」に…

ページビュー

  • 72391総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 71昨日の閲覧数:
  • 1308月別閲覧数:
ページ上部へ戻る