沿線の魅力をパチリ!/御殿場線沿線写真コンテスト

 御殿場線沿線の魅力をパチリと撮った作品を募集する「第2回御殿場線沿線写真コンテスト」が開かれている。
 主催する御殿場線利活用推進協議会(会長・若林洋平御殿場市長)は、輸送力の増強を図り、地域住民の利便と地域の活性化推進を目的に昭和39年に設立された。現在、静岡県(4市2町:御殿場市・沼津市・裾野市・三島市・長泉町・小山町)、神奈川県(1市3町:小田原市・山北町・松田町・大井町)の2県10市町で構成する。

 作品の募集は10月31日まで(郵送は当日消印有効)。募集部門は①御殿場線部門(御殿場線が走る風景や御殿場線の魅力が伝わる作品)②沿線部門(御殿場線沿線の自然・風景・祭事などを題材にした作品)。
 入賞は、撮影地(10市町)ごとに3作品入選作品を選出。入選作品の中から、最優秀賞(商品券1万円分)、優秀賞(同5千円分)、佳作(同3千円分)とすべての入選者に御殿場線沿線カレンダーを贈る。
 応募は、原則デジタル。メールに件名「御殿場線沿線写真コンテスト」と記し作品(JPEG形式)を添付して送信するか、作品データを保存したCD-Rを各市町に送付すること。印刷して応募する場合は、2Lサイズとし、作品ごとに応募シートを貼付すること。
 募集要項や応募シートは、同協議会のHP http://gotembasen.net/ で。

関連記事

注目の記事

  1.  松田町の「寄(やどりき)ロウバイまつり」は2月6日、例年より1週間ほど遅れて、満開となった。  …
  2.  親から子へと伝えられた内裏雛や哀しい時・嬉しい時・楽しい時を共に過ごし、数々の思い出が詰まった人形…
  3. 中村和子さん(なかむら・かずこ):小田原市栄町、株式会社ナック中村屋相談役。同社小西育子社長の御母堂…
  4.  熱海市の伊豆山神社で11月5日、伝統神事「伊豆山温泉感謝祭(湯神祭)」があった。伊豆山地区の116…
  5.  今年、創立40周年を迎える「松田町少年野球育成会・松田キャッスルズ」は2月10日午前10時から、松…
  6.  熱海梅園で11月11日、「もみじまつり」(熱海市観光協会主催)が開幕した。今年は市制80年を迎えた…

ページビュー

  • 89898総閲覧数:
  • 55今日の閲覧数:
  • 64昨日の閲覧数:
  • 2020月別閲覧数:
ページ上部へ戻る