【真鶴町議選】トップ当選は元町長の青木健氏/2位に228票の大差、現職2氏落選

 現職10人と新人3人が11の椅子を争った真鶴町議選は9月24日、投開票された。選挙戦は、“泡沫候補はいない!?”という厳しい戦いを反映し、現職2人が涙を呑んだ。
 即日開票の結果、〈元町長が出馬!〉と選挙戦を賑わした青木健氏が、知名度を活かしダントツの689票を獲得、2位に228票の差をつけトップ当選を果たした。
 投票率は、全国的に漸減傾向にある中、前回をわずか0.23ポイント下回る68.47%だった。

青木 健 689.509
岩本 克美 461
青木 嚴 406.300
板垣 由美子 350
田中 俊一 349
森 敦彦 334
黒岩 範子 319
天野 雅樹 309
高橋 敦 305
海野 弘幸 295
青木 繁 258.190
  村田 知章 244
  光吉 孝浩 211

 

関連記事

注目の記事

  1.  衆院選静岡6区は、渡辺周氏(55、希望・前)が631票差の僅差で激戦を制し、8回目の当選を果たした…
  2.  ケーブルテレビ局「伊豆急ケーブルネットワーク」(IKC、本社熱海市)はこのほど、東京のチャンネル(…
  3.  中井・なかい・なかいい・仲いい……にかけて、11月22日の《いい夫婦の日》を前にした19日午後1時…
  4.  NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の…
  5.  松田町の「寄(やどりき)ロウバイまつり」は2月6日、例年より1週間ほど遅れて、満開となった。  …
  6.  熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日早朝、普段は見られない「毘沙門天王像」がご開帳された。鎌倉時代を代…

ページビュー

  • 75866総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 54昨日の閲覧数:
  • 1216月別閲覧数:
ページ上部へ戻る