【真鶴町議選】トップ当選は元町長の青木健氏/2位に228票の大差、現職2氏落選

 現職10人と新人3人が11の椅子を争った真鶴町議選は9月24日、投開票された。選挙戦は、“泡沫候補はいない!?”という厳しい戦いを反映し、現職2人が涙を呑んだ。
 即日開票の結果、〈元町長が出馬!〉と選挙戦を賑わした青木健氏が、知名度を活かしダントツの689票を獲得、2位に228票の差をつけトップ当選を果たした。
 投票率は、全国的に漸減傾向にある中、前回をわずか0.23ポイント下回る68.47%だった。

青木 健 689.509
岩本 克美 461
青木 嚴 406.300
板垣 由美子 350
田中 俊一 349
森 敦彦 334
黒岩 範子 319
天野 雅樹 309
高橋 敦 305
海野 弘幸 295
青木 繁 258.190
  村田 知章 244
  光吉 孝浩 211

 

関連記事

注目の記事

  1.  現職と新人の一騎打ちとなった松田町長選挙は9月10日に投開票され、2期目を目指す本山博幸氏(47、…
  2.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《まつだ桜まつり・雛の…
  3.  首都圏の人気マラソン大会は抽選で走れない人が続出するなど世は空前のマラソンブーム。ただ走るだけでな…
  4.  熱海梅園で11月11日、「もみじまつり」(熱海市観光協会主催)が開幕した。今年は市制80年を迎えた…
  5.  NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の…
  6.  東海道・藤沢宿や江の島の浮世絵をはじめ関連資料を収蔵する藤沢市の藤澤浮世絵館による出張講座「刷って…

ページビュー

  • 115074総閲覧数:
  • 59今日の閲覧数:
  • 39昨日の閲覧数:
  • 1499月別閲覧数:
ページ上部へ戻る