【松田町】本山博幸町長が初登庁/2期目のキーワードは「行政は財政」

 9月10日執行の松田町長選で再選を果たした本山博幸町長が25日、決意も新たに2期目の初登庁をした。任期は平成33年9月22日まで。
 午前8時20分ごろ、本山町長はともに戦った支援者をはじめ町職員ら約110人が拍手で出迎える中、女性職員から贈られた花束を手に支援者らに感謝の意を表した後、「これからの4年間、町民の皆さんと距離間が近い町政運営を目指していく」と決意を述べ、女性支援者の「行ってらっしゃい!」の声に送られて庁舎に入った。

女性職員から花束を受け取る本山町長

 その後、落ち着くまもなく、会議室で約80人の職員を前に訓示を行った。本山町長は、行政経験の無かった1期目4年間を振り返った後、公約に掲げた三本柱「福祉と安全・安心」「雇用と賑わいの創出」「人を育てる」の実現のため、「一緒に汗をかく《理想と夢を追う職員》になってほしい」と期待を込めた。
 今後4年間のキーワードに「行政は財政」を挙げ、「お金が無ければ何の事業もできない」とし、「しっかりと財政運営をするよう知恵を絞っていく」と2期目への決意を表した。

職員を前に2期目の決意を述べる本山町長

関連記事

注目の記事

  1.  南足柄市(加藤修平市長)は2月13日、一般会計と6特別会計(国民健康保険、訪問看護ステーション、介…
  2.  小田原市観光協会(石田武会長)は12月15日から、海と山に囲まれた城下町・小田原の観光行事や美しい…
  3.  投票締め切り直後の午後8時4分ごろ、テレビから出口調査の結果をもとに「牧島かれんさん当確」の報が流…
  4.  湯河原町(冨田幸宏町長)は1月29日付で、同町土肥の湯河原町消防署内で昨年12月27日に発生した消…
  5.  無投票モードから一転、投票モードとなった箱根町議選は9月24日、投開票された。現職13人と新人3人…
  6.  江戸時代中期から相模地方に伝わる相模人形芝居の五座が一堂に揃い、日ごろの鍛錬の成果を披露する「第4…

ページビュー

  • 115077総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1502月別閲覧数:
ページ上部へ戻る