【松田町】本山博幸町長が初登庁/2期目のキーワードは「行政は財政」

 9月10日執行の松田町長選で再選を果たした本山博幸町長が25日、決意も新たに2期目の初登庁をした。任期は平成33年9月22日まで。
 午前8時20分ごろ、本山町長はともに戦った支援者をはじめ町職員ら約110人が拍手で出迎える中、女性職員から贈られた花束を手に支援者らに感謝の意を表した後、「これからの4年間、町民の皆さんと距離間が近い町政運営を目指していく」と決意を述べ、女性支援者の「行ってらっしゃい!」の声に送られて庁舎に入った。

女性職員から花束を受け取る本山町長

 その後、落ち着くまもなく、会議室で約80人の職員を前に訓示を行った。本山町長は、行政経験の無かった1期目4年間を振り返った後、公約に掲げた三本柱「福祉と安全・安心」「雇用と賑わいの創出」「人を育てる」の実現のため、「一緒に汗をかく《理想と夢を追う職員》になってほしい」と期待を込めた。
 今後4年間のキーワードに「行政は財政」を挙げ、「お金が無ければ何の事業もできない」とし、「しっかりと財政運営をするよう知恵を絞っていく」と2期目への決意を表した。

職員を前に2期目の決意を述べる本山町長

関連記事

注目の記事

  1.  南足柄市(加藤修平市長)は6日の岡本コミュニティセンターを皮切りに、小田原市と「中心市のあり方」に…
  2.  町の花・スイセンが咲き、富士山を望むのどかな町のPRや町民への愛着を深めてもらおう-と、大井町(間…
  3.  ポイ捨てや不法投棄の無い美しい箱根にしよう! を合言葉にした「ゴミ不法投棄防止一斉パトロール&美化…
  4.  今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」(主催=熱海市ホテル旅館協同組合連合会)が12月17…
  5.  親から子へと伝えられた内裏雛や哀しい時・嬉しい時・楽しい時を共に過ごし、数々の思い出が詰まった人形…
  6.  真鶴町は国から過疎地域の指定を受けたことに伴い、過疎地域自立促進計画を策定に向けての住民説明会を9…

ページビュー

  • 75866総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 54昨日の閲覧数:
  • 1216月別閲覧数:
ページ上部へ戻る