【小田原市】市民ホール整備基金に寄付、日舞の「鈴乃会」

 日本舞踊やカラオケ教室などを主宰する「鈴乃会」の鈴木二三子会長は9月29日、小田原市役所に時田光章副市長を訪ね、同市の市民ホール整備基金の趣旨に賛同し4万460円を寄付した。寄付金は9月10日に開いた発表会「温習会」で寄せられたもの。

時田光章副市長(左)に寄付金を手渡す鈴木二三子会長(右)ら

関連記事

注目の記事

  1.  城下町小田原のシンボル・小田原城の一年のホコリやチリを払い落とす師走の風物詩「小田原城天守閣 すす…
  2.  正月の風物詩「第94回東京箱根間往復駅伝競走」の往路優勝校に贈られる「寄木トロフィーとメダル」が1…
  3.  任期満了に伴う松田町町長選挙は5日告示され、2期目を目指す現職の本山博幸氏(47、無所属、松田惣領…
  4.  熱海市選挙管理委員会は(吉田耕之助委員長)は3月1日、任期満了(9月13日)に伴う市長選と市議補選…
  5.  5年前、会社員を卒業して14ヵ月の世界一周の旅に出た紺栄太・晴(はるる)さん夫妻(中井町)は、地球…
  6.  熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日早朝、普段は見られない「毘沙門天王像」がご開帳された。鎌倉時代を代…

ページビュー

  • 73870総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 58昨日の閲覧数:
  • 776月別閲覧数:
ページ上部へ戻る