【小田原市】市民ホール整備基金に寄付、日舞の「鈴乃会」

 日本舞踊やカラオケ教室などを主宰する「鈴乃会」の鈴木二三子会長は9月29日、小田原市役所に時田光章副市長を訪ね、同市の市民ホール整備基金の趣旨に賛同し4万460円を寄付した。寄付金は9月10日に開いた発表会「温習会」で寄せられたもの。

時田光章副市長(左)に寄付金を手渡す鈴木二三子会長(右)ら

関連記事

注目の記事

  1.  小田原、箱根、真鶴、湯河原、南足柄の2市3町で構成される箱根ジオパーク推進協議会(会長・山口昇士箱…
  2.  次代を担う中学生が、地方自治体の議会で夢や希望を提言し、市民としての自覚を持ち、まちづくりに関心を…
  3.  縁起物の瓢箪(ひょうたん)で町おこしを進める大井町(間宮恒行町長)の自慢が大集合する新春恒例の「第…
  4.  南足柄市(加藤修平市長)は9月24日午前9時30分から、同市関本の金太郎みらいホール(市文化会館)…
  5.  日本酒の造り酒屋が、スギの葉(穂先)を集めてボール状にしたものを軒先に吊し、新酒が出来たことを知ら…
  6.  湯河原町(冨田幸宏町長)はこのほど、正月の風物詩「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走大会」(箱根駅…

ページビュー

  • 129138総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 68昨日の閲覧数:
  • 1810月別閲覧数:
ページ上部へ戻る