【小田原市】社協に車いす2台を寄贈/日本競輪選手会神奈川支部など

 日本競輪選手会神奈川支部の吉田晴行支部長と小田原競輪場開催執務委員長の隅田俊幸市公営事業部長らはこのほど、同市久野のおだわら総合医療福祉会館を訪れ、小田原市社会福祉協議会(小野康夫会長)に車いす2台を贈った。

小野会長(中)に車いすを贈る吉田選手会支部長(右から2人目)ら

 車いすは、8月26~29日に開催された「開設68周年記念小田原競輪・北条早雲杯争奪戦」で同支部が行ったチャリティーオークションの売上金で購入したもの。
 同支部は、平成25年度(開設64周年記念)に車いす4台、同26年度(同65周年記念)に車いす3台、同27年度(同66周年記念)に車いす2台、同28年度(国際自転車トラック競技支援競輪)に車いす2台を贈っている。また、28年度には、熊本地震復興に向け7万5910円(開設67周年記念)と6万1400円(国際自転車トラック競技支援競輪)を寄付している。

関連記事

注目の記事

  1.  通年議会を導入している開成町議会(茅沼隆文議長)の12月定例会議は5・6・7日の審議日程で開かれる…
  2.  親から子へと伝えられた内裏雛や哀しい時・嬉しい時・楽しい時を共に過ごし、数々の思い出が詰まった人形…
  3.  熱海市渚町の熱海交通自動車が11月27日をもって事業を停止した。静岡地裁沼津支部に自己破産手続きの…
  4.  江戸時代中期から相模地方に伝わる相模人形芝居の五座が一堂に揃い、日ごろの鍛錬の成果を披露する「第4…
  5.  “神”と呼ばれる世界的なドラマー・神保彰による「東日本大震災復興支援~神保彰ワンマンオーケストラコ…
  6.  里都(さと)まち♥なかいの魅力をギッシリ!詰め込んだ、中井町のビッグイベント「美・緑(みりょく)な…

ページビュー

  • 103126総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 53昨日の閲覧数:
  • 865月別閲覧数:
ページ上部へ戻る