【山北町】募集中!一般とジュニア部門/2017山北の観光写真コンクール

 山北町観光協会(佐藤精一郎会長)などは、西丹沢の山々や森林(もり)・滝・湖・渓谷などの自然に恵まれ、お峯入りや百万遍念仏・流鏑馬(やぶさめ)など歴史に育まれた祭りなど《山北の輝き》を切り撮った「2017山北の観光写真コンクール」を開いている。締め切りは平成30年1月10日(当日消印有効)。

2016 山北町観光協会長賞「挑戦」(碓井一海さん撮影)

 募集は一般部門(高校生以上、カラープリント六つ切り以上)とジュニア部門(小・中学生、カラープリント2L以上)。作品は、平成29年中に撮影したもの。発表は平成30年2月(入賞者に直接通知)。審査は日本写真家協会会員によって行う。表彰式は平成30年4月を予定。
 入賞は、1人1賞とする。推薦(山北町観光協会長賞)は1点(賞金4万円・賞状・副賞)。一般部門は、特選3点(賞金各2万円・賞状・副賞)、入選4点(賞金各5千円、賞状・副賞)。ジュニア部門は、特選2点(図書カード各1万円分・賞状・副賞)、入選3点(図書カード各3千円分・賞状・副賞)。
 過去の入賞作品などは、山北町観光協会HP http://www.yamakita.net/gallery/

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市観光協会(石田武会長)は12月15日から、海と山に囲まれた城下町・小田原の観光行事や美しい…
  2.  11月10日夜、「伊東温泉尻つみ祭り」(主催:玖須美氏子総代会)が市内の音無神社で開催された。同祭…
  3.  9月10日執行の松田町長選で再選を果たした本山博幸町長が25日、決意も新たに2期目の初登庁をした。…
  4.  5年前、会社員を卒業して14ヵ月の世界一周の旅に出た紺栄太・晴(はるる)さん夫妻(中井町)は、地球…
  5.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」。松田町(本山博幸町長)は8日、「寄…
  6.  小田原市を中心に県西地域で活動する「報徳 九転十起人生塾」の田嶋享塾長ら4人が7日午後、小田原市役…

ページビュー

  • 102923総閲覧数:
  • 41今日の閲覧数:
  • 25昨日の閲覧数:
  • 662月別閲覧数:
ページ上部へ戻る