【小田原市】到来!おでんの季節/10月7日から「小田原おでん祭り」!

 小田原すじ・とと揚げ・白はんぺん・ごぼうさつま・だいこん・金目なると・あじがんも・いか墨つみれ・地あじ雑魚ちくわ・えび天・うずら卵浜のお月見――小田原おでん。城下町風情が漂うおでんの町・小田原の風物詩「第15回小田原おでん祭り」が10月7日から9日まで、小田原城跡公園二の丸広場で開かれる。午前10時~午後4時。雨天開催・荒天中止。


 同祭りは、市内の老舗かまぼこ店や地元の製造者が作った自慢のおでん種に、曽我の梅林で採れた梅を使った梅みそを付けて食べる「小田原おでん」が堪能できるほか、小田原おでん会会員のおでん種販売、同会会員店・取扱店の出店。ステージイベントもある。
 今回は、15回の記念企画として、あなたが選ぶ「小田原おでん種NO.1はどれだ!」をテーマに、おでん会会員が製造しているおでん種の中から、お気に入りのおでん種NO.1を決定する(当日参加受付、各日先着500人。600円で投票への参加とおでん6品が味わえる)。
 また、同時開催として▽小田原城秋の骨董市(3日間)▽小田原じんだ組「昔のこども遊び広場」(7・8日のみ)▽小田原城ミュージックストリート(8日のみ)も行われる。

 

関連記事

注目の記事

  1.  市民ホール整備事業に伴う設計施工事業者の選定で、小田原市は9月19日、プロポーザルの一次審査結果を…
  2.  熱海市の伊豆山神社で11月5日、伝統神事「伊豆山温泉感謝祭(湯神祭)」があった。伊豆山地区の116…
  3.  「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月11日に開幕する。園内には380本の…
  4.  JR東日本が今年5月から運行を始めた豪華寝台列車「トランスイート四季島」が年末年始コース(12月3…
  5.  碧く輝く相模の海を望む小田原市根府川にアトリエを構え、2013年8月に93歳の天寿をまっとうした画…
  6.  熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日早朝、普段は見られない「毘沙門天王像」がご開帳された。鎌倉時代を代…

ページビュー

  • 97903総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 29昨日の閲覧数:
  • 3845月別閲覧数:
ページ上部へ戻る