【小田原市】到来!おでんの季節/10月7日から「小田原おでん祭り」!

 小田原すじ・とと揚げ・白はんぺん・ごぼうさつま・だいこん・金目なると・あじがんも・いか墨つみれ・地あじ雑魚ちくわ・えび天・うずら卵浜のお月見――小田原おでん。城下町風情が漂うおでんの町・小田原の風物詩「第15回小田原おでん祭り」が10月7日から9日まで、小田原城跡公園二の丸広場で開かれる。午前10時~午後4時。雨天開催・荒天中止。


 同祭りは、市内の老舗かまぼこ店や地元の製造者が作った自慢のおでん種に、曽我の梅林で採れた梅を使った梅みそを付けて食べる「小田原おでん」が堪能できるほか、小田原おでん会会員のおでん種販売、同会会員店・取扱店の出店。ステージイベントもある。
 今回は、15回の記念企画として、あなたが選ぶ「小田原おでん種NO.1はどれだ!」をテーマに、おでん会会員が製造しているおでん種の中から、お気に入りのおでん種NO.1を決定する(当日参加受付、各日先着500人。600円で投票への参加とおでん6品が味わえる)。
 また、同時開催として▽小田原城秋の骨董市(3日間)▽小田原じんだ組「昔のこども遊び広場」(7・8日のみ)▽小田原城ミュージックストリート(8日のみ)も行われる。

 

関連記事

注目の記事

  1.  南足柄市(加藤修平市長)は6日の岡本コミュニティセンターを皮切りに、小田原市と「中心市のあり方」に…
  2.  日本酒の造り酒屋が、スギの葉(穂先)を集めてボール状にしたものを軒先に吊し、新酒が出来たことを知ら…
  3.  通年議会を導入している開成町議会(茅沼隆文議長)の12月定例会議は5・6・7日の審議日程で開かれる…
  4.  伊東市の県立伊東高校、同校城ケ崎分校、伊東商業の3校が2023年度をめどに統合し、発展的に改編され…
  5.  大井町議会(小田眞一議長)の12月定例会は、5日から8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上…
  6.  開成町(府川裕一町長)のミニ冊子『かいせいびより』(B6変形判、オールカラー、46ページ)がこのほ…

ページビュー

  • 84122総閲覧数:
  • 118今日の閲覧数:
  • 115昨日の閲覧数:
  • 2408月別閲覧数:
ページ上部へ戻る