【開成町】開成の地下水でつくったご当地サイダー、10月7日から販売開始!

 地域に眠る様々なものを発掘、商品化して販売するUMEMARU Inc.(小田原市、守屋佑一代表)と開成町が企画した「開成町の地下水でつくったサイダー」のお披露目会が10月3日、開成町役場で行われ、府川裕一町長もさっそく試飲、昔懐かしい風味に太鼓判を押した。10月7日から販売される。

「開成町の地下水を使用したサイダー」をお披露目する、府川町長(左)、あじさいちゃん、守屋さん

 同町の地下80メートルから汲み上げた地下水をタンクローリーで工場に送り製造するサイダー。水道水になる前の原水を使用しているため、水本来の風味も良く感じられる。国の定める美味しい水の基準をすべてクリアしている開成町の水100%使用し、「田舎モダン」らしさが感じられる、昔懐かしい味のサイダーに仕上げた。
 ラベルデザインには町のキャラクター「あじさいちゃん」があしらわれ、サイダーが透明ということを活かし、ラベルの両面に印刷した独特のデザインとなっている。340mlで定価は税込250円。
 守屋代表は「この地域には、たくさんの良いものがあるがまだまだ知られていないものも多い。我々はそれらを世に出すお手伝いをするためキャッチーな商品を企画していく」とのこと。
 10月7日からマックスバリュ開成店、まちの駅あしがら、一夜城マルシェ、満天などで販売される。また、8日に開成水辺公園にて開催されるスポフェスでも販売され、その際に他の飲料と開成町の水サイダーをセットで購入した人にはあじさいちゃんステッカーが配布される。

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日早朝、普段は見られない「毘沙門天王像」がご開帳された。鎌倉時代を代…
  2.  第18回静岡県市町対抗駅伝競走大会(12月2日、静岡市)の熱海市代表選手20人が決まった。  …
  3.  神奈川県内にある13の蔵元のうち、石井醸造(株)と井上酒造(株)の2つの酒蔵がある大井町ならではの…
  4.  スギ・ヒノキの新植地での林業被害、里山地域での農業被害による耕作放棄地などシカ問題を考えるシンポジ…
  5.  任期満了に伴う真鶴町議選は9月19日告示され、11の椅子をめぐって現職10・新人3の計13人が出馬…
  6.  山北町(湯川裕司町長)は来年1月13日から、3回シリーズで町の歴史や文化財など山北の魅力を再発見す…

ページビュー

  • 77994総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1468月別閲覧数:
ページ上部へ戻る