【小田原市】”こだわり”を撮る/UMECOで「つばめ写友会写真展」

 小田原市本町のつばめ写真店を利用するアマチュアカメラマンで組織する「つばめ写友会」(齋藤雄致会長)の「第28回写真展」が10月4日から、小田原市栄町のおだわら市民交流センターUMECOで始まった。10月9日まで。時間は午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)。同会は昭和初期に発足、80数年の歴史を刻む。現在、40代~80代までの15人が2カ月に一度、自慢の写真を持ち寄って講評。そして年に一度、写真展を開いている。

こだわりの作品約30点が並ぶ「つばめ写友会写真展」

 会場にはデジタルが主流を占める中、フィルムにこだわった作品を含め約30点が並ぶ。満開の桜花と赤い橋を従えて春を謳う姫路城、湖面に映る富士や霧の晴れ間から顔を出す霊峰富士、光輝くダイヤモンド富士など四季折々にシャッターを切った富士山、夕陽を浴びながらあぜ道を行く三世代をシルエットで表現したもの、江戸時代に整備され、赤坂門から相模国を経て駿河国に至る矢倉沢往還に咲く花たちを主役にした作品など、懐かしい雰囲気を感じさせる写真展となっている。
 磯崎洋三代表は「テーマや色彩、撮影方法にこだわった個性的な作品ばかり。撮影者のこだわりを感じて欲しい」と話している。

関連記事

注目の記事

  1.  次代を担う中学生が、地方自治体の議会で夢や希望を提言し、市民としての自覚を持ち、まちづくりに関心を…
  2.  湯河原町(冨田幸宏町長)と真鶴町(宇賀一章町長)は平成30年1月4日から、妊婦の出産時の移動不安を…
  3.  のどかなみやまの里に清々しい甘い香りを運ぶ早春の花・蝋梅(ろうばい)を愛でる「第7回松田町寄(やど…
  4.  里都(さと)まち♥なかいの魅力をギッシリ!詰め込んだ、中井町のビッグイベント「美・緑(みりょく)な…
  5.  海とともに生きる真鶴町の古き祭と新しき祭を後世に伝える「豊漁豊作祭~真鶴 龍宮祭」が秋晴れに恵まれ…
  6.  日本酒の造り酒屋が、スギの葉(穂先)を集めてボール状にしたものを軒先に吊し、新酒が出来たことを知ら…

ページビュー

  • 101122総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 111昨日の閲覧数:
  • 946月別閲覧数:
ページ上部へ戻る