【松田町】本山博幸町長が2期目の所信表明/町の未来のキーワードは「協働」

 松田町の本山博幸町長は10月5日、再選後初の臨時議会で2期目へ決意も新たに所信を述べた。
 本山町長は、「平成26年5月に国立社会保障・人口問題研究所から示された〈消滅可能性都市〉に対する人口減少抑制策や地方創生地域再生計画をもとにさまざまな対策と種をまいてきた」と1期目を強調。
 さらに、現在の町の高齢化率32.6%を挙げ、若い世代の定住化に向けた幼稚園・保育所における収容施設の確保、若者・子育て世代優先住宅の整備、女性支援センターの整備、町民文化センターを複合施設へリニューアル、松田小学校の木造校舎建替え、篭場・町屋の町営住宅2棟の建設、寄七つ星ヒーリングビレッジ事業など町の魅力アップを訴えた。

2期目の所信を表明する松田町の本山博幸町長

 また、「4つの要素〈町民との協働〉〈行・財政改革〉〈シティプロモーション〉〈官民連携事業推進〉が必要とし、最先端のICTやAIを活用し、さまざまな施策と融合しながら日本のモデルとなるIT先進自治体をオール松田で取り組んでいく」と決意を示した。
 最後に「人口のピーク1万3240人がいた平成7年ごろと同じ町民サービスの提供は難しく、現状を維持するだけでも幾つかの課題や条件をクリアしていく必要がある。これまでの事業をゼロベースで総点検し、スクラップアンドビルドを徹底し、〈選択と集中〉のもと、メリハリのある財政運営を進めるため、《協働》をキーワードに町民・行政・団体・企業が協力し合って一緒に働き汗をかくことが町の未来にとって大切なこと」と協力を呼びかけた。

関連記事

注目の記事

  1.  真鶴町(宇賀一章町長)は11月11・12日の両日、真鶴港を舞台に、古(いにしえ)より海とともに生き…
  2.  無投票か選挙か――。9月19日の告示日まで関係者をやきもきさせた箱根町議会の選挙戦は、定数14に対…
  3.  山北町(湯川裕司町長)は来年1月13日から、3回シリーズで町の歴史や文化財など山北の魅力を再発見す…
  4.  生け花の小原流小田原支部の田代春紅支部長はじめ副部長の平井光華さんと相原春紘さんがこのほど、小田原…
  5.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…
  6.  5年前、会社員を卒業して14ヵ月の世界一周の旅に出た紺栄太・晴(はるる)さん夫妻(中井町)は、地球…

ページビュー

  • 75757総閲覧数:
  • 34今日の閲覧数:
  • 286昨日の閲覧数:
  • 1107月別閲覧数:
ページ上部へ戻る