【熱海市】伊豆山送り火供養「ろうそく祭」小田原攻めの僧兵を供養

 熱海市伊豆山の般若院で8月31日夜、豊臣秀吉に滅ぼされた伊豆山の僧兵の供養をかねた「伊豆山送り火供養ろうそく祭」があった。斉藤栄市長や岡本慈興副住職らがたいまつに点灯し、僧兵の勇敢さをたたえ、供養した。当地には豊臣秀吉の小田原攻め(1590年)の際、北条側に加わったため、焼き打ちされた悲しい歴史があり、戦前までは地元住人が毎年8月31日に送り火供養をし、その際に命を落とした3000人の僧兵や住民と関東大震災の犠牲者を供養してきたという。


 「伊豆山をおもしろくする実行委員会」(岡本吉浩実行委員長)が12年前に復活させ、本堂と大師堂を結ぶ道や階段沿いに、以前の送り火に代えて2000本のフローティングキャンドルを並べ、供養した。ステージイベントでは、山田音楽教室、「スタジオ バハ レル ハール」のベリーダンス、豆州網代太鼓の演奏などがあり、多くの来場者をもてなした。降雨に備えて、一部プログラムを変更して実施した。


 伊豆山の各町内会も沿道にろうそくを並べ、地区全体が幻想的な光に包まれた。
◆般若院(はんにゃいん):真言宗の古刹で伊豆山神社(伊豆山権現)の別当坊だった寺院。源頼朝はこの寺で平家討伐の願をかけ、一時住んでいた。山号は「走湯山」。豊臣秀吉の小田原攻めで焼亡したが、その後、徳川家康によって般若院の院号が与えられ、再建。明治の神仏分離によって伊豆山神社内から現在地に移転。大師堂には、弘法大師(空海)が自ら刻んだと伝えられる「大師像」(国重文)が安置されている。JR熱海駅より東海バス七尾原循環で約6分、「般若院前」バス停下車。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  のどかなみやまの里に清々しい甘い香りを運ぶ早春の花・蝋梅(ろうばい)を愛でる「第7回松田町寄(やど…
  2.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《雛の舘・森のひなまつ…
  3.  天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する早咲き梅の枝切り作業が12月19日、「日本一早く咲く梅」…
  4.  冬から早春の小田原城を舞台に繰り広げられる光と音のファンタジーショー「小田原城 冬桜イルミネーショ…
  5.  小田原市は11月13日付けで、複数回にわたって飲食店で接客などの副業を行い、また、同病院の医療消耗…
  6.  お正月を熱海で過ごす観光客で賑わう熱海駅前の平和通り商店街で1月1日、「樽酒ふるまい」のイベントが…

ページビュー

  • 77992総閲覧数:
  • 31今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1466月別閲覧数:
ページ上部へ戻る