【熱海市】今宮・来宮・伊豆山神社の厄年奉賛会、合同で熱海温泉郷のPR

 熱海駅前広場で10月8日、今宮神社例大祭で御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「今宮一心櫻結会(いまみや いっしんおうゆうかい)」(江間亮介会長)が甘酒を振る舞い、10月19、20日に斎行される例大祭のPRを行った。今年度、御鳳輦奉仕を努める来宮神社「跳昇伍團壱會」(としょうごうまるいちかい)」(鈴木宜志会長)、伊豆山神社「伊豆山卯桜翠辰會(うおうすいしんかい)」(松本早人会長)の厄年奉賛会の会員も駆け付け、合同でチラシや甘酒を配り、今宮神社例大祭・西部観光祭、市制80年「熱海芸術祭」など熱海温泉郷の秋イベントのスケジュールなどを説明した。


 呼び物の今宮神社・神幸行列は19日に行われ、42歳を迎えた厄年奉賛会の男子が御鳳輦を担いで市内を練り歩く。道中、福餅と御神酒を振るまい、商売繁盛と家内安全を祈願し、厄除けを祈念する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  今年、創立40周年を迎える「松田町少年野球育成会・松田キャッスルズ」は2月10日午前10時から、松…
  2.  伊東市の県立伊東高校、同校城ケ崎分校、伊東商業の3校が2023年度をめどに統合し、発展的に改編され…
  3.  南足柄市(加藤修平市長)は、地域資源を生かし作られた産品を“金太郎のふるさと南足柄”のイメージアッ…
  4.  希望の党は10月27日、国会内で両院議員総会を開催し、11月1日召集の特別国会の首相指名選挙で、渡…
  5.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  6.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…

ページビュー

  • 80468総閲覧数:
  • 54今日の閲覧数:
  • 98昨日の閲覧数:
  • 1816月別閲覧数:
ページ上部へ戻る