【熱海市】今宮・来宮・伊豆山神社の厄年奉賛会、合同で熱海温泉郷のPR

 熱海駅前広場で10月8日、今宮神社例大祭で御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「今宮一心櫻結会(いまみや いっしんおうゆうかい)」(江間亮介会長)が甘酒を振る舞い、10月19、20日に斎行される例大祭のPRを行った。今年度、御鳳輦奉仕を努める来宮神社「跳昇伍團壱會」(としょうごうまるいちかい)」(鈴木宜志会長)、伊豆山神社「伊豆山卯桜翠辰會(うおうすいしんかい)」(松本早人会長)の厄年奉賛会の会員も駆け付け、合同でチラシや甘酒を配り、今宮神社例大祭・西部観光祭、市制80年「熱海芸術祭」など熱海温泉郷の秋イベントのスケジュールなどを説明した。


 呼び物の今宮神社・神幸行列は19日に行われ、42歳を迎えた厄年奉賛会の男子が御鳳輦を担いで市内を練り歩く。道中、福餅と御神酒を振るまい、商売繁盛と家内安全を祈願し、厄除けを祈念する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  4月18日に伊東で「古事記」の勉強会が開催される。日本最古の歴史書、古事記について、また、先人たち…
  2.  熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20…
  3.  小田原市を中心に県西地域で活動する「報徳 九転十起人生塾」の田嶋享塾長ら4人が7日午後、小田原市役…
  4.  小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回お…
  5.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  6.  3月10日、伊東観光会館大ホールにて、「伊豆のODORIKOフェスティバル・プレビュー公演」(主催…

ページビュー

  • 103127総閲覧数:
  • 20今日の閲覧数:
  • 53昨日の閲覧数:
  • 866月別閲覧数:
ページ上部へ戻る