【熱海市】レーザーショー幻想的、マリーナの夜景とコラボ/熱海芸術祭

 熱海市市制80周年「熱海芸術祭」(実行委員会主催)が10月7日開幕、渚親水公園では午後8時30分から光と音のレーザーが踊る「レーザー&スーパーライトショー」が開かれ、観客を魅了した。


 ソプラノの新南田ゆりさんとアルトサックスの田中哲也さんによる、交響曲「新世界・第二楽章」「シャレード」「春の声」「ハイホー」の音楽が響く中、同公園の離岸堤から放たれた緑や紫、青、ピンクの光が縦横に交差し、スパ・マリーナ熱海(ボート・ヨットを係留)や熱海温泉街を幻想的な雰囲気に包み込んだ。
(熱海ネット新聞)
 熱海芸術祭の詳細HPは https://www.ataminews.gr.jp/ad/20170929artatami/

関連記事

注目の記事

  1.  大井町立大井小学校の石綿一弘校長はじめ6年3組の関野祥一教諭と児童33人が2月21日午前、大井町役…
  2.  真鶴町議会(高橋敦議長)の12月定例会は、7・8日の会期2日間の日程で開かれる。  上程案件は、…
  3.  中井町(杉山祐一町長)は12月9日から、マンホールの蓋(ふた)に町の花(リンドウ)、町の木(キンモ…
  4.  江戸時代中期から相模地方に伝わる相模人形芝居の五座が一堂に揃い、日ごろの鍛錬の成果を披露する「第4…
  5. 小田原市(加藤憲一市長)は10月16日から、南足柄市との合併の是非を判断するのに当たり、市民の意向を…
  6.  4月18日に伊東で「古事記」の勉強会が開催される。日本最古の歴史書、古事記について、また、先人たち…

ページビュー

  • 84144総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 132昨日の閲覧数:
  • 2430月別閲覧数:
ページ上部へ戻る