【熱海市】レーザーショー幻想的、マリーナの夜景とコラボ/熱海芸術祭

 熱海市市制80周年「熱海芸術祭」(実行委員会主催)が10月7日開幕、渚親水公園では午後8時30分から光と音のレーザーが踊る「レーザー&スーパーライトショー」が開かれ、観客を魅了した。


 ソプラノの新南田ゆりさんとアルトサックスの田中哲也さんによる、交響曲「新世界・第二楽章」「シャレード」「春の声」「ハイホー」の音楽が響く中、同公園の離岸堤から放たれた緑や紫、青、ピンクの光が縦横に交差し、スパ・マリーナ熱海(ボート・ヨットを係留)や熱海温泉街を幻想的な雰囲気に包み込んだ。
(熱海ネット新聞)
 熱海芸術祭の詳細HPは https://www.ataminews.gr.jp/ad/20170929artatami/

関連記事

注目の記事

  1.  観光を基幹産業とする熱海市は、昨年10月から「自伐型林業」の講習会を開き、林業を軸にした若者の雇用…
  2.  伊東市内の小学生たちが、模擬的な会社をつくり、商品の企画から販売までを行う起業体験「伊東こどもビジ…
  3.  江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られ、熱海市にゆかりの深い作家森村誠一さん(84…
  4.  伊東市は今年、シャイニークリスマス2017と称して、藤の広場に6メートルのモミの木のイルミネーショ…
  5.  熱海市が昨年3月に完成させた「さくらの名所散策路」でこのほど、あたみ桜が見頃を迎えた。県立熱海高校…
  6.  小田原市早川の(株)山安の山田義征社長と山口豊売店統括部長はこのほど、小田原市役所に加藤憲一市長を…

ページビュー

  • 74069総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 975月別閲覧数:
ページ上部へ戻る