【南足柄市】インフルエンザで1学級閉鎖/昨年よりも3カ月早く発生

 南足柄市は10月11日までに、市立向田小(藤澤恭子校長)の1年3組をインフルエンザ等による学級閉鎖措置とすることを決定した。学級閉鎖期間は12日から13日までの2日間。今年度(29年4月~)の市内学校のインフルエンザによる学級閉鎖は今回が第一号で、昨年よりも約3カ月早い発生となった。


 市によると、同学級の在籍児童24人のうち6人がインフルエンザ、1人が熱により欠席。欠席児童数が学級閉鎖の目安となる20%を超えた。
 インフルエンザによる学級閉鎖は、28年度は1月17日に始まり3月上旬までに計12クラス(欠席108人)が閉鎖となった。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海の春の最大イベント「第74回梅まつり」が1月6日、熱海梅園で開幕する。熱海市観光協会の主催。 …
  2.  小田原市消費生活センターはこのほど、悪質商法による高齢者の被害が増加していることから、高齢者を地域…
  3.  南足柄市(加藤修平市長)は平成30年1月5日午前10時から、南足柄市表彰条例に基づき、市民の模範と…
  4.  冬から早春の小田原城を舞台に繰り広げられる光と音のファンタジーショー「小田原城 冬桜イルミネーショ…
  5.  人口1万人規模の自治体で、実現可能な〈自然エネルギーによる地域再生モデル〉の構築に取り組む松田町(…
  6.  日本舞踊やカラオケ教室などを主宰する「鈴乃会」の鈴木二三子会長は9月29日、小田原市役所に時田光章…

ページビュー

  • 74076総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 982月別閲覧数:
ページ上部へ戻る