【南足柄市】インフルエンザで1学級閉鎖/昨年よりも3カ月早く発生

 南足柄市は10月11日までに、市立向田小(藤澤恭子校長)の1年3組をインフルエンザ等による学級閉鎖措置とすることを決定した。学級閉鎖期間は12日から13日までの2日間。今年度(29年4月~)の市内学校のインフルエンザによる学級閉鎖は今回が第一号で、昨年よりも約3カ月早い発生となった。


 市によると、同学級の在籍児童24人のうち6人がインフルエンザ、1人が熱により欠席。欠席児童数が学級閉鎖の目安となる20%を超えた。
 インフルエンザによる学級閉鎖は、28年度は1月17日に始まり3月上旬までに計12クラス(欠席108人)が閉鎖となった。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  2月3日(土)、節分の厄除豆まきが伊東市・佛現寺で行われた。13時より境内での法要、来賓挨拶等の後…
  2.  山北町(湯川裕司町長)は16日、一般会計、10特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、災害給付見舞…
  3.  JR東日本が今年5月から運行を始めた豪華寝台列車「トランスイート四季島」が年末年始コース(12月3…
  4.  「伊豆ODORIKO(踊り子)フェスティバル」が3月10日、伊東観光会館ホールで開催される。  …
  5.  全国で44番目の森林セラピー基地「森林(もり)のおもてなし やまきた」に認定された山北町森林セラピ…
  6.  1月29日、インバウンドおもてなしのための英会話勉強会が、青木敬博さんの呼びかけのもと有志の集まり…

ページビュー

  • 119982総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 25昨日の閲覧数:
  • 448月別閲覧数:
ページ上部へ戻る