【南足柄市】インフルエンザで1学級閉鎖/昨年よりも3カ月早く発生

 南足柄市は10月11日までに、市立向田小(藤澤恭子校長)の1年3組をインフルエンザ等による学級閉鎖措置とすることを決定した。学級閉鎖期間は12日から13日までの2日間。今年度(29年4月~)の市内学校のインフルエンザによる学級閉鎖は今回が第一号で、昨年よりも約3カ月早い発生となった。


 市によると、同学級の在籍児童24人のうち6人がインフルエンザ、1人が熱により欠席。欠席児童数が学級閉鎖の目安となる20%を超えた。
 インフルエンザによる学級閉鎖は、28年度は1月17日に始まり3月上旬までに計12クラス(欠席108人)が閉鎖となった。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  衆院選(10月22日投開票)公示後、最後の日曜日なった10月15日、自民党の「最強助っ人」小泉進次…
  2.  子育て世代を中心にした定住促進を図るため、誰もが安心して子育てできる環境づくりを重点施策に掲げる開…
  3.  金太郎のふるさと・南足柄の旬を“パチリ”と撮った「南足柄市観光写真コンクール」の審査がこのほどあり…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)は2月9日、一般会計と10特別会計(競輪、天守閣、国民健康保険、国民健康保…
  5.  バラ色の人生でした。我が人生に悔いはありません。-平成29年4月26日、84年の人生を全うしたアオ…
  6.  小田原市久野の小田原フラワーガーデン(八木量子園長)のトロピカルドーム温室では、透明感のある小さな…

ページビュー

  • 91634総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1241月別閲覧数:
ページ上部へ戻る