【南足柄市】インフルエンザで1学級閉鎖/昨年よりも3カ月早く発生

 南足柄市は10月11日までに、市立向田小(藤澤恭子校長)の1年3組をインフルエンザ等による学級閉鎖措置とすることを決定した。学級閉鎖期間は12日から13日までの2日間。今年度(29年4月~)の市内学校のインフルエンザによる学級閉鎖は今回が第一号で、昨年よりも約3カ月早い発生となった。


 市によると、同学級の在籍児童24人のうち6人がインフルエンザ、1人が熱により欠席。欠席児童数が学級閉鎖の目安となる20%を超えた。
 インフルエンザによる学級閉鎖は、28年度は1月17日に始まり3月上旬までに計12クラス(欠席108人)が閉鎖となった。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市は1月30日、同市久野の「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」にある大型複合遊具・コスモワ…
  2.  第153回芥川賞を受賞した又吉直樹さんの小説「火花」を映画化した「火花」」(板尾創路監督)が11月…
  3.  市民ホール整備事業に伴う設計施工事業者の選定で、小田原市は9月19日、プロポーザルの一次審査結果を…
  4.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《お山のひなまつり/大…
  5.  投票締め切り直後の午後8時4分ごろ、テレビから出口調査の結果をもとに「牧島かれんさん当確」の報が流…
  6. 中村保さん(なかむら・たもつ):元小田原市議、元副議長 10月16日逝去、87歳。小田原市城山。 …

ページビュー

  • 70577総閲覧数:
  • 22今日の閲覧数:
  • 38昨日の閲覧数:
  • 1371月別閲覧数:
ページ上部へ戻る