【熱海市】市立図書館に「森村誠一文庫」開設へ/森村氏が自著1469冊を寄贈

 熱海市立図書館に熱海市にゆかりの深い作家で江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られる森村誠一さん(84)の著書を集めた「森村文庫」が開設されることが分かった。今年5月、森村氏から熱海市市制80周年に合わせて自著本寄贈の申し出があり、6月30日に1469冊を熱海市内の別荘から熱海図書館に移動した。複数の出版社から同一作品があったことから、選別して808冊を貸し出すという。

森村誠一氏(左から2人目)と齊藤栄市長(同3人目)

 市は10月5日に市長に代わって山田真士図書館長が都内の森村さんの自宅を訪ね、感謝状を贈呈した。静岡県最古の同図書館では、「森村文庫」オープンの準備を進めており、12月2日に図書館フェアを開いて一般公開する。
 「人間の証明」「青春の証明」「野性の証明」の「証明」三部作などで一時代を築き、今なお文学界を牽引する森村さんは、市内の別荘の書斎で精力的に執筆活動を続けており、熱海市には知人も多い。
▽森村誠一:昭和8年、埼玉県熊谷市生まれ。青山学院大学英米文学科卒。ホテルマンを経て作家に。「人間の証明」「青春の証明」「野生の証明」の「証明」三部作の刊行により、現代日本を代表する推理小説作家として地位を確立。「高層の死角」「超高層ホテル殺人事件」「腐蝕の構造」「終着駅」「吉良忠臣蔵」…推理小説、時代小説、社会派ミステリー小説など著書多数。

(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月11日に開幕する。園内には380本の…
  2.  新しい風が吹き、現職2人が涙を呑んだ真鶴町議会は10月6日、町議選後初の臨時会を開き、正・副議長は…
  3.  小田原市観光協会(石田武会長)は12月15日から、海と山に囲まれた城下町・小田原の観光行事や美しい…
  4.  官公庁仕事始めの1月4日、熱海市は第1庁舎4階会議室で仕事始め式を行い、齊藤栄市長は「10年かけて…
  5.  小田急グループの小田急箱根ホールディングス(金田収社長、本社・小田原市)は、箱根エリアを中心とした…
  6.  小田原市は1月30日、同市久野の「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」にある大型複合遊具・コスモワ…

ページビュー

  • 97903総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 29昨日の閲覧数:
  • 3845月別閲覧数:
ページ上部へ戻る