【熱海市】環境美化に貢献した人・団体を表彰/環境衛生大会

 熱海市環境衛生自治推進協会(鈴木秀旺会長)は2月2日、熱海市役所で第57回環境衛生大会を開いた。同協会指導員や町内会役員など70人が出席。川口健市議会議長、藤曲敬宏県議、竹部隆市議会副議長、山田治雄市議会総務福祉教育委員会委員長が来賓で出席した。熱海市の環境美化推進に貢献した表彰では、石井倭雄熱海市環境衛生自治推進協会理事、今井政廣氏(東田原町内会)、堀田きみ子さん(上小嵐町内会)に齋藤栄市長から感謝状が贈呈された。

 環境衛生団体の表彰では和田山青年会、有限会社石田組、咲見町町内会の3団体。環境衛生功労者表彰では、太田優氏(下松田町内会)、長島一俊氏(銀座町内会)、小松原久美さん(七尾町内会)、芹澤義雄氏(桜木町町内会)、西村京子さん(咲見町町内会)、渡辺和一氏(笹良ヶ台町内会)、小暮悦郎氏(中野町内会)に鈴木会長から表彰状が贈られた。
表彰式に続いて石井理事が環境美化宣言の決議を読み上げ、満場一致で採択。環境美化活動、廃棄物の減量、リサイクルを一層推進していくことを確認した。
(熱海ネット新聞)
◾️環境美化宣言 私たちは、環境美化及び公衆衛生の向上のために活動するすべての人たちと協働し、一層の情熱と誠意を持って環境衛生活動を推進します。私たちは、自然豊かな環境を次世代へ継承していくために、持続可能な『循環型社会』の構築を目指し、廃棄物の減量やリサイクルを推進します。
■斎藤栄市長 環境問題は世界的なテーマ。熱海市では旅館・ホテルの事業者が中心になって雑紙回収を行っているが、この流れを加速させるため、市役所も全庁的に進めていく。

関連記事

熱海|参加・体験・見に行こう

  1.  「糸川桜まつり」開催中の熱海市の糸川遊歩道で2月4日、あたみ桜が満開になった。観光客が日本最速で桜…
  2.  熱海市の初島の春の風物詩「初島漁師の丼合戦」が2月3日開幕した。7回目となる今年も初島の漁師が営む…
  3.  今年最高の13.8度を観測した1月8日、熱海市の糸川沿いに58本植えられているあたみ桜が一部で見頃…
  4.  熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)は営業時間を延長して「トワイライト運行」…
  5.  クリスマスの12月25日、熱海梅園では、ほかの花木に先駆けて咲くロウバイ(蝋梅)が、ロウ細工のよう…
  6.  熱海梅園で1月6日、第74回「梅まつり」が始まり、ひと足早い春を求める観光客でにぎわった。オープニ…

注目の記事

  1.  熱海市選挙管理委員会は(吉田耕之助委員長)は3月1日、任期満了(9月13日)に伴う市長選と市議補選…
  2.  ケーブルテレビ局「伊豆急ケーブルネットワーク」(IKC、本社熱海市)はこのほど、東京のチャンネル(…
  3.  熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20…
  4.  川勝平太静岡県知事が「県で一番美しい通学路どころか、日本一美しい通学路」と絶賛していた熱海市の「さ…
  5.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…
  6.  熱海市が昨年3月に完成させた「さくらの名所散策路」でこのほど、あたみ桜が見頃を迎えた。県立熱海高校…
ページ上部へ戻る