【熱海市】「マンホール蓋」活用で観光振興 貫一お宮、芸妓デザイン

 熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅と芸妓」「貫一お宮」の2種類を製作し、9カ所ずつ設置(計18枚)していく。第一弾として2月6日に来宮駅前に「梅と芸妓」を設置。13日にはお宮の松近くの国道135号歩道に「貫一お宮」を設置した。残りの16枚は3月末までに順次設置する。事業費は約600万円。

 併せて市は全国的に人気が高まっている「マンホールカード」を来年度に作製し、誘客の振興につなげていく。同カードは国の下水道広報プラットフォーム(GKP)が企画監修するマンホール蓋のコレクションアイテム。マンホール蓋を管理する都道府県・市町村とGKPが共同で作成。現在、全国252自治体が293種のカードを無料配布しており、「マンホーラー」と呼ばれる愛好家のコレクターが心待ちしている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

熱海|参加・体験・見に行こう

  1.  熱海市の初島の春の風物詩「初島漁師の丼合戦」が2月3日開幕した。7回目となる今年も初島の漁師が営む…
  2.  熱海市が昨年3月に完成させた「さくらの名所散策路」でこのほど、あたみ桜が見頃を迎えた。県立熱海高校…
  3.  熱海梅園前の市道に続いて12月17日、糸川遊歩道で「あたみ桜」が開花した。熱海市銀座町の糸川左岸、…
  4.  クリスマスの12月25日、熱海梅園では、ほかの花木に先駆けて咲くロウバイ(蝋梅)が、ロウ細工のよう…
  5.  今年最高の13.8度を観測した1月8日、熱海市の糸川沿いに58本植えられているあたみ桜が一部で見頃…
  6.  熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)は営業時間を延長して「トワイライト運行」…

注目の記事

  1.  熱海市選挙管理委員会は(吉田耕之助委員長)は3月1日、任期満了(9月13日)に伴う市長選と市議補選…
  2.  ケーブルテレビ局「伊豆急ケーブルネットワーク」(IKC、本社熱海市)はこのほど、東京のチャンネル(…
  3.  熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20…
  4.  川勝平太静岡県知事が「県で一番美しい通学路どころか、日本一美しい通学路」と絶賛していた熱海市の「さ…
  5.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…
  6.  熱海市が昨年3月に完成させた「さくらの名所散策路」でこのほど、あたみ桜が見頃を迎えた。県立熱海高校…
ページ上部へ戻る