映画「地上の星-二宮金次郎伝」市民応援団が発足!|金次郎など子役も募集中

 平成30年秋に完成が予定されている、映画「地上の星-二宮金次郎伝」の制作を市民を挙げて応援していこうという趣旨の「映画「地上の星-二宮金次郎伝」市民応援団」のキックオフパーティーが11月19日、ハルネ小田原のうめまる広場で開かれ、俳優の榎木孝明さん、五十嵐匠監督らが来場した市民に、映画への思いを語り、協力を呼びかけた。

市民応援団キックオフパーティーでこの映画への思いを語る榎木さん(左)と五十嵐監督

 このキックオフパーティーは、「映画「地上の星‐二宮金次郎伝」市民応援団おだわら 準備会」が主催したもので、準備会の会長は、小田原市出身で元ソニー常務、現在は地方創生を主としたまちづくり・ひとづくり活動を続ける簑宮武夫さん。
 キックオフパーティの冒頭で簑宮会長は「二宮金次郎は、郷土だけでなく世界の金次郎。金次郎の教えを学ぶだけでなく実行に移すことが大事。この映画を多くの方に観てもらって、歩んでいけたらいいなと思っている。応援団については、募金やエキストラ、子役、一緒に見に行こうの呼びかけなどいろいろな応援の仕方があるので、ぜひ市民みなさんでこの映画を盛り上げてほしい」と協力を呼びかけた。

映画成功に向けての協力を市民らに呼びかける市民応援団準備会の簑宮武夫会長

 映画はすでに、金次郎が没した日光市でラストシーンから撮影がスタートしており、メガホンを取った五十嵐監督がそのシーンの情景を説明、「百年二百年残る最高の作品になること祈念しています」とこの映画にかける思いを語った。
 主演(金次郎役)の合田雅吏さんのビデオメッセージ披露や、金次郎を見出した小田原藩主・大久保忠真役の榎木さんと五十嵐監督のトークショーも行われ、詰めかけた映画ファンを楽しませた。

映画成功に向けて、気勢を上げる関係者

 また、子供時代の金次郎とその仲間たちの子役を現在募集中。12月15日まで応募を受け付け、1月6日~8日にオーディションを小田原市尊徳記念館(同市栢山)で実施する。
 募集のPDFは、http://hoshi-movie.com/assets/hoshi-movie_audition_odawara.pdf
 問い合わせは、小田原市生涯学習センター本館けやき内 担当。湯浅さん0465-33-1881
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

小田原|参加・体験・見に行こう

  1.  小田原市(加藤憲一市長)は来年1月4日から、「小田原市美しく住みよい環境づくり基本条例」に基づき、…
  2.  小田原市観光協会(石田武会長)は、平成30(2018)年の「小田原開府500年」を記念して、難攻不…
  3.  光と音が難攻不落の城・小田原城を幽玄な世界へと誘う「小田原城 冬桜イルミネーション~光と音が織りな…
  4.  小田原市城山の居神神社(村上國起宮司)は12月24日、小田原北条氏2代氏綱公が3代氏康公へ伝えた『…
  5.  小田原市や秦野市、日光市など「二宮尊徳」にゆかりの深いまちを舞台に撮影される「地上の星-二宮金次郎…
  6.  平成30年秋に完成が予定されている、映画「地上の星-二宮金次郎伝」の制作を市民を挙げて応援していこ…
  7.  東海道・藤沢宿や江の島の浮世絵をはじめ関連資料を収蔵する藤沢市の藤澤浮世絵館による出張講座「刷って…

注目の記事

  1.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…
  2.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…
  3.  雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)は2月9日、一般会計と10特別会計(競輪、天守閣、国民健康保険、国民健康保…
  5.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  6.  早咲きから中咲き、そして遅咲きまで約200品種480本の梅が咲き誇る小田原フラワーガーデン(小田原…
ページ上部へ戻る