【小田原市・広域】品川宿から小田原宿「東海道宿場展」/小田原宿なりわい交流館で開催中

 江戸時代に整備された五街道の一つ「東海道五十三次」。道中には、風光明媚な場所や名所旧跡が多く、浮世絵や和歌・俳句の題材にも多く取り上げられている。

小田原の典型的な商屋を再整備した「小田原宿なりわい交流館」

 江戸時代、95軒の旅籠があり、箱根越えの宿場町として賑わった小田原宿のなりわい交流館(小田原市本町)では、神奈川・東京エリアの宿場の歴史や文化を紹介する初のイベント「東海道宿場展」を開いている。入館無料。平成30年1月3日まで(12月31日は閉館)。時間は午前10時~午後5時(最終日は午後3時)。

6宿場の歴史や文化を紹介する初のイベント「東海道宿場展」

 会場の「なりわい交流館」は、小田原の典型的な商屋の「出桁造り」という建築方法が用いられ、2階正面の出格子窓は、昔の旅籠の雰囲気を醸し出している。

「出格子窓」が昔の旅籠の雰囲気を醸し出す

 同展では、神社仏閣めぐりとグルメのまち歩きが楽しめる品川宿を皮切りに、幾多の火災や震災・戦災で失われた記憶と記録を浮世絵タペストリーストリーなどで掘り起こす川崎宿、大山詣や江ノ島詣の交通の要衝として賑わった藤沢宿、50軒以上の旅籠が軒を連ねた平塚宿と大磯宿、そして箱根越えの宿場町として栄えた小田原宿など6宿場の歴史と文化をパネルやチラシ、地場産品などで紹介している。
 小田原宿なりわい交流館のHPは、http://www.nariwai-kouryukan.org/
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

小田原|参加・体験・見に行こう

  1.  小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回お…
  2.  冬から早春の小田原城を舞台に繰り広げられる光と音のファンタジーショー「小田原城 冬桜イルミネーショ…
  3.  小田原城では初めての試みとなる体感型イルミネーションイベント「小田原城 冬桜イルミネーション ~ …
  4.  平成30年秋に完成が予定されている、映画「地上の星-二宮金次郎伝」の制作を市民を挙げて応援していこ…
  5.  小田原市(加藤憲一市長)は来年1月4日から、「小田原市美しく住みよい環境づくり基本条例」に基づき、…
  6.  光と音が難攻不落の城・小田原城を幽玄な世界へと誘う「小田原城 冬桜イルミネーション~光と音が織りな…
  7.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…

注目の記事

  1.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…
  2.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…
  3.  雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)は2月9日、一般会計と10特別会計(競輪、天守閣、国民健康保険、国民健康保…
  5.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  6.  早咲きから中咲き、そして遅咲きまで約200品種480本の梅が咲き誇る小田原フラワーガーデン(小田原…
ページ上部へ戻る