【小田原市】パチン パチン…春呼ぶ音 軽やかに/早春の歳時記「梅の剪定」

 小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒紅梅がちらほらと咲き始めた梅の名所・小田原城址公園で行われた。剪定には、小田原市梅研究会(穂坂成雄会長、会員148人)のメンバー10人が、剪定バサミや2メートルほどに伸ばした高枝切りバサミなどを手に駆けつけた。

常磐木門や天守閣をバックに軽やかな音を響かせた剪定作業

 朝の澄んだ空気の中、常磐木門や天守閣をバックに、枯れ枝や伸びすぎた枝を剪定する“パチン”“パチン”という軽やかなハサミの音を響かせた。剪定した小枝は、城址公園本丸広場で観光客らに配られた。
 園内には、早咲きの紅梅や白梅など約250本のウメの木が植えられ、甍(いらか)と白壁をバックに咲くウメの花のふくいくとした香りが、観光客らを楽しませる。
 同研究会のメンバーは城址公園の後、曽我梅林梅まつりの会場となる梅の里センターやJR御殿場線下曽我駅周辺での剪定作業に汗を流した。穂坂会長は「乾燥が続いているが、ひと雨の後、気温が上がると蕾みも膨らむ。梅まつりの頃には見ごろになると思う」などと話していた。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

小田原|参加・体験・見に行こう

  1.  小田原市や秦野市、日光市など「二宮尊徳」にゆかりの深いまちを舞台に撮影される「地上の星-二宮金次郎…
  2.  小田原市(加藤憲一市長)は、同市早川に平成31年5月オープン予定の小田原漁港交流促進施設がイメージ…
  3.  小田原市(加藤憲一市長)は来年1月4日から、「小田原市美しく住みよい環境づくり基本条例」に基づき、…
  4.  冬から早春の小田原城を舞台に繰り広げられる光と音のファンタジーショー「小田原城 冬桜イルミネーショ…
  5.  東海道・藤沢宿や江の島の浮世絵をはじめ関連資料を収蔵する藤沢市の藤澤浮世絵館による出張講座「刷って…
  6.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  7.  小田原市観光協会(石田武会長)は、平成30(2018)年の「小田原開府500年」を記念して、難攻不…

注目の記事

  1.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…
  2.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…
  3.  雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)は2月9日、一般会計と10特別会計(競輪、天守閣、国民健康保険、国民健康保…
  5.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  6.  早咲きから中咲き、そして遅咲きまで約200品種480本の梅が咲き誇る小田原フラワーガーデン(小田原…
ページ上部へ戻る