【小田原市】高血圧予防は食事から/脳血管疾患予防講演会(2月18日)

 小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況が続いている。小田原市が平成25年度に行った栄養調査では、市民の塩分摂取量は11.1gで、市の健康増進計画が目標とする8.0gより3.1g多くなっている。

 小田原医師会や小田原食品衛生協会、小田原市などは2月18日午後1時30分から、脳血管疾患による死亡率を低下させるため、病気への理解を深め、予防のための知識普及を目的にした「脳血管疾患予防講演会」を小田原市栄町のジャンボ―ナックビル5階・小田原お堀端コンベンションホールで開く。受付は午後1時。武田薬品工業が共催。定員は300人。締め切りは2月16日。
同会では、小澤優樹医師(小田原医師会)によるオープニング講演「脳血管疾患の病態と小田原市の現状」をはじめ、日下美穂医師(日下医院院長)による特別講演「健康の大原則、減塩はもう常識!子供も大人も積極的減塩行動を」、そして武井和夫医師(小田原医師会)のクロージング講演「急性期の症状と救急時の対応」が行われる。また、美味しい適塩メニューの紹介・試食もある。総合司会は小田原医師会の高見澤徹医師が務める。
 特別講演の講師・日下医師は、日本高血圧学会専門医・減塩委員会委員、広島市や呉市で「減塩サミット」の代表を務めるなど、減塩対策に積極的に取り組んでいる。
 申し込み・問い合せは、小田原市健康づくり課(保健センター内、0465-47-0820)へ。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

小田原|参加・体験・見に行こう

  1.  光と音が難攻不落の城・小田原城を幽玄な世界へと誘う「小田原城 冬桜イルミネーション~光と音が織りな…
  2.  小田原市(加藤憲一市長)は、同市早川に平成31年5月オープン予定の小田原漁港交流促進施設がイメージ…
  3.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  4.  小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回お…
  5.  小田原市観光協会(石田武会長)は、平成30(2018)年の「小田原開府500年」を記念して、難攻不…
  6.  小田原市(加藤憲一市長)は来年1月4日から、「小田原市美しく住みよい環境づくり基本条例」に基づき、…
  7.  東海道・藤沢宿や江の島の浮世絵をはじめ関連資料を収蔵する藤沢市の藤澤浮世絵館による出張講座「刷って…

注目の記事

  1.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…
  2.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…
  3.  雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)は2月9日、一般会計と10特別会計(競輪、天守閣、国民健康保険、国民健康保…
  5.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  6.  早咲きから中咲き、そして遅咲きまで約200品種480本の梅が咲き誇る小田原フラワーガーデン(小田原…
ページ上部へ戻る