【小田原市】1月26日は「文化財防火デー」/松永記念館で初期消火・放水訓練

 小田原市(加藤憲一市長)は「第64回文化財防火デー」の26日午前9時30分から、同市板橋の松永記念館で初期消火と消防ポンプ自動車による放水訓練などを行った。
 訓練は、咲き誇る白梅の甘い香りが漂う園内に建つ同館本館の2階台所から出火。職員が観光客の避難誘導や消火器による初期消火を行うが、火勢が強く、延焼の恐れがあるとして119番通報、駆けつけた消防自動車から放水し、鎮火するという想定で行われた。
本番さながらの放水訓練の後、同61年に移築した野崎廣太(幻庵)の茶室「葉雨庵」、安左ヱ門の居宅「老欅荘」で消防設備の点検・指導などを行った。

消防署員に火災の状況を説明する同館の職員


青く澄み切った冬の空に虹を架けた放水訓練

 「文化財防火デー」は、昭和24(1949)年1月26日に世界最古の木造建築・法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損したのを機に、当時の文化財保護委員会(現・文化庁)と国家消防本部(現・消防庁)が同30年に定め、文化財を火災・震災などの災害から守るとともに文化財愛護への意識高揚を図っている。
 松永記念館は、戦前・戦後を通じて「電力王」と呼ばれた実業家で数寄茶人としても知られる松永安左ヱ門(耳庵)が、昭和21年に小田原へ移り住んでから収集した古美術品を一般公開するため、財団法人を設立し自宅の敷地内に建設した建物。その後、財団が解散し、敷地と建物が小田原市に寄付された。
 26日は、ほかに同市城内の郷土文化館や小田原城天守閣、玉宝寺、総世寺の4カ所、翌27日に郷土の偉人・二宮尊徳の生家、飯泉観音で知られる勝福寺、宝金剛寺、船津家の長屋門など4カ所で消防設備の点検・指導を実施した。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

小田原|参加・体験・見に行こう

  1.  小田原市観光協会(石田武会長)は、(一社)日本記念日協会が2月22日を《ニンニンニン》の語呂合わせ…
  2.  平成30年秋に完成が予定されている、映画「地上の星-二宮金次郎伝」の制作を市民を挙げて応援していこ…
  3.  東海道・藤沢宿や江の島の浮世絵をはじめ関連資料を収蔵する藤沢市の藤澤浮世絵館による出張講座「刷って…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)は来年1月4日から、「小田原市美しく住みよい環境づくり基本条例」に基づき、…
  5.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  6.  小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回お…
  7.  光と音が難攻不落の城・小田原城を幽玄な世界へと誘う「小田原城 冬桜イルミネーション~光と音が織りな…

注目の記事

  1.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…
  2.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…
  3.  雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)は2月9日、一般会計と10特別会計(競輪、天守閣、国民健康保険、国民健康保…
  5.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  6.  早咲きから中咲き、そして遅咲きまで約200品種480本の梅が咲き誇る小田原フラワーガーデン(小田原…
ページ上部へ戻る